「役立つ事を学んではダメ」 | 美容室高収益仕組み化研究会
2015-11-16

「役に立つ事」は学んだらダメ

このサイトを見て頂いている方は、

きっと勉強熱心な方だと思います。

 

その他の美容室関連サイトや、

ブログ等も読んでいるかもしれません。

 

セミナー等にも参加されているのかも

しれません。

 

物事を学ぶときには、「ルール」があるのに、

そんな事を誰も教えてくれません。

 

そのルールとは、

「役に立つ事を学んではいけない」

という事です。

 

「はあ!?」と思われるかもしれませんが、

多くの方がこれを間違えているのです。

 

何が正しいかというと、

「すぐに実践できる事を学ぶ」

という事です。

 

たとえば、セミナー等に参加したとします。

技術の研修等ではすぐに実践に移すかもしれませんが、

集客に関する事や、

マーケティングの勉強関連のセミナー等では

たくさんメモも取るとは思うのですが、

実は、メモを見返す人は、

たったの5%程度なのです。

 

という事は、知識だけインプットして、

アウトプットしない、言い換えると、

実践せずにそのまま終えてしまうことが

ほとんどなのです。

 

 

私もたくさんの本や、

セミナーに出席したり、

月に数十万の勉強代を払ったりしています。

 

たとえば、本を読むときは、

全部読みません。

 

今必要な所だけをピックアップし、

すぐさま実践したい事のみを読み、

それを実践に移します。

 

セミナーにおいても、

朝から晩まで、すべて吸収しようとは

思っていません。

 

今しなければならない事があるので

セミナーに参加するわけですが、

しなければならない事に直結しない事ではなく、

今すぐすべき事のみ集中し、

それを学び、

そして実践に移します。

 

 

人間というのは、

新しい情報を得るだけで、

脳にたくさんのアドレナリンが

出るようになっており、

新らしい知識を聞くだけで

満たされるようになっています。

 

これは要注意です。

 

 

ですから、何かを学ぶときは、

「すぐに実践できる事を学ぶ」

「すぐすべき事を学ぶ」

という事です。

 

そして、実践に移してください。

 

どれだけ間違えても、

セミナーに参加した時に、

「うんうん、俺の考えは合ってた」

という、自分との答え合わせだけは

やってはいけません。

 

自分の学ぶべき所を学び、

新しい取り組みをすぐさま実施しましょう。

関連記事
カテゴリー