収益は「顧客リスト」にまだまだある | 美容室高収益仕組み化研究会
2015-12-01

収益は「顧客リスト」にまだまだある

どの業種・業界においても

新規顧客獲得には必死です。

 

顧客数維持は重要なことであり、

それを継続しなければなりません。

 

もちろん、顧客数を増やす事は大切ですが、

その反面、抜け落ちがちな考えがあります。

 

それは、顧客リストの重要性です。

 

顧客リストといっても、様々な顧客がいます。

 

年に2回しか来てくれないお客さん、

毎月来てくれる男性・・・

様々です。

 

いわゆるVIP顧客層もいるでしょう。

 

そして重要なのは、

顧客を誘導する事です。

 

聞こえは悪いかもしれませんが、

「コントロール」するという事です。

 

そもそもお客さんは、

あなたの美容室の全メニューを

理解していません。

 

見たことあるけど、良さが分からない、

というお客さんもいるでしょう。

 

お客さんというのは、

初回来店と、

継続来店の理由が違うんです。

 

初回来店においては、あなたの美容室の

提案内容に魅力を感じ、来店します。

 

しかし、その後のリピートは、

あなた、もしくはスタッフの誰かに魅力を感じ

来店してくれています。

 

これは人間心理メカニズムです。

 

人は人から商品を買いたい、という事です。

 

中でも、VIPのお客さんについては

あなたの、もしくはあなたのスタッフの

大ファンなはずです。

 

となると、この方々は、

美容室からの提案に好反応を示してくれます。

 

そして、事実として、

VIPのお客さん全員が、

ヘアケアや、体全体の美しさを保つためのお金を

全て、あなたの美容室で使っている訳では無い、

というのが事実でしょう。

 

お客さんというのは、買いたいんです。

お客さんは、自分一人で購買決定できないんです。

お客さんは、あなたに背中を押してもらいたいんです。

 

「売るのがイヤ」という考えを持っているなら、

その考えは今すぐ捨てて下さい。

 

あなたが勧めなければ、他店で買っちゃいます。

 

お客さんのトータルプロデュースをしたいという

美容室は多いと思います。

 

でも、お客さんは、あなたの美容室の良さを

全て理解していません。

 

しかも、あなたのファンなのに。

 

新規顧客を追いかけ続けると、

大切な既存顧客へのアプローチが

おろそかになりがちです。

 

でも、最も良い反応をしてくれるのは

既存のお客さん、中でも

VIPなお客さんです。

 

20:80の原理(パレートの法則)でも、

2割のお客さんで8割の売上を作っていると

言われますよね。

 

全顧客リストにアプローチする必要はありません。

 

2割のお客さん、すなわちVIP顧客に

色々と勧める方が、反応も良く、

売上も上がります。

 

VIP顧客の囲い込みは十分にできてますでしょうか。

 

今一度、伸びしろがないかどうか考えてみて下さい。

関連記事
カテゴリー