飽きさせず、客単価アップする方法! | 美容室高収益仕組み化研究会
2015-12-04

飽きさせず、客単価アップする方法!

おはようございます。

 

昨日はお客さんとの勉強会のあと、

そのまま焼肉を食べに行き、

代行で帰り、寝坊しました笑

 

 

オーナーさんが気分よくなってきて、

ベラベラしゃべりっぱなし。

 

日頃はスタッフの意見を聞かなければと

意識されていて、最近は自分の話を

あまりしない様に意識しているとの事でしたが、

酔っぱらったら、そうもいきませんね。

 

でもとても楽しいひと時でした。

 

さて今日は、美容室で今日でも出来る事なのに、

意外とやっていない事についてお話します。

 

 

こんな事言ったら怒られるかもですけど、

数年前、お笑い芸人で、

「ぼくは、それを、左へ受け流す~~♪」という歌を歌っている人

いましたよね。

 

でも最近は出てきません。

 

俗に言う一発屋さんなのかもですが、

また出てくる事を楽しみにしています。

個人的にはとても好きでしたので。

 

 

あの方が最初にテレビに出たころ、

見た目とあの歌のギャップで、

衝撃的な笑いだったはずです。

 

しばらくは売れっ子状態でしたよね。

 

その後彼が何をしたかというと、

その歌を少し変えて、違う歌を作りました。

 

でも、一般の人は、

「同じパターンやん」という感じで

捉えた結果、テレビに出てこなくなりました。

 

一言でいうと、飽きた、という事ですよね。

 

テレビ番組を見ているとよくわかるのですが、

出演者やトーク内容は変わったりはしますが、

セットはほとんど変わっていません。

 

でも、セットにはほとんど目が行きませんよね。

 

なぜなら、変える必要は特にないからなんです。

 

ここから美容室のお話です。

 

「改装しなくちゃ」と思い、

改装される美容室さんもいます。

 

お客さんを飽きさせてしまっているのでは、と

考え、改装される、という方もいるかもしれません。

 

じつは、集客において、改装はほとんど必要ありません。

 

お客さんを飽きさせないようにするには、

もっとカンタンで、すぐに出来て、

売上にも効果がある方法があるんです。

 

それは、導線周りを少し変える事、です。

 

例えばクリスマス前に、

サンタさんを置いたりするのは、

お客さんに夢を提供できるので良いと思うのですが、

数字には反映されないのです。

 

それではありません。

 

POPを変えるのです。

 

 

半年前から全く変わっていないPOPが、

お客さんの座る椅子の前に貼ったままに

なっていませんか?

 

なかには、飲み物メニューを貼ったまんまの

美容室さんもお見受けします。

 

考えなければならないのは、売上・収益のはずです。

 

POPなら、お客さんの反応を取れるんです。

 

何度も同じことを言うのですが、

お客さんが美容室を出た後にも印象に残るのは、

改装したお店ではなく、

オブジェではなく、

「小物」なのです。

 

考えてみて下さい。

 

居酒屋なんかでも、

たまにテーブルに注文したくなるPOPや、

トイレに行った時に手書きでお店の想いを

書いているモノって、印象に残ってませんか。

 

 

・大きなモノに対しては、抽象的な印象が残ります。

・小さなモノに対しては、具体的な印象が残ります。

そしてPOPでは、売上につなげる事が出来るんです。

 

どちらが望ましいのかは一目瞭然ですよね。

 

お客さんが2回3回来店していても、

鏡まわりがいつもと同じなら、何も行動を起こしませんし、

見る習慣さえなくしてしまいます。

 

1個でいいので、POPを変えてみて下さい。

お客さんは見てくれますし、

そこに訴求したいメッセージを書いてみて下さい。

 

若手スタッフなんかでも、

接客が苦手な方もいるでしょう。

 

でも、POPなら、

お客さんから反応を起こさせる事が出来るんです。

 

具体的に言うと、オススメする前に、

お客さんが前のめり気分になってくれるので、

あとは背中をポンと押してあげるだけで

売上が上がるんです。

 

面倒だ、と思うなら、

右から左へ受け流してください。

 

でも、POPを変えるだけで、

来店したお客さんの3割程度の方が、

追加でヘッドスパをしてくれる様になった

美容室さんもあるんです。

 

大きいでしょ、売上にすると。

 

まだまだやれる事はあります。

 

そして、接客販売が苦手であっても、

POPの力で強化出来る訳です。

 

 

売上を上げたい、と思うなら、

一度ダマされた気分で書いてみて下さい。

 

1個のPOP書く位なら、

そんな時間もかかりませんし、

お金も掛かりません。

 

是非やってみて下さいね。

関連記事
カテゴリー