小手先の結果だけを見ると・・・ | 美容室高収益仕組み化研究会
2015-12-07

小手先の結果だけを見ると・・・

和歌山の事務所より

 

月曜日は美容室さんもお休みという事で、

大体は一日事務所で仕事をしています。

 

この事務所、外にヤギがいるんです。

雑草を食べてもらう為に、

アチコチ移動して食べてるんですが、

終日雑草を食いまくってます。

 

遠くから見ていても満足そうな

表情をしているんだろうなと思います。

 

というどうでも良い話はこれ位にします。

 

先日、半年前位に私がチラシを作った美容室の

経営者さんからご連絡を頂きました。

 

その時のチラシの反応は、というと、

1万部まいて、新規来店は5名でした。

 

この様な事だけを聞くと、

「反応悪いやん」と思うのは普通でしょう。

 

でも、なぜこの美容室経営者さんは、

私のところに連絡をしてきてくれたのでしょうか。

 

実は、この5名のお客さんのうちの2名は、

毎月1万円使ってくれているのです。

残りの3名のうちの2名は2カ月に1回、

パーマ、カラーをしてくれるそうです。

残りの1名の方はまだ再来していません。

 

2名が毎月1万円×2名=毎月2万です。

2名が2カ月に1回×2名=毎月1万です。

 

年間で言うと、この4名だけで、36万の売上が

プラスとなろうとしています。

 

どういう事かというと、

「チラシで全員にメッセージを発信しない」と

いう事なんですね。

 

まず、あなたが来店してほしいお客さんを

決める必要があります。

 

利用してもらいたいメニューのみを

広告に掲載します。

 

そうすると、そのメニューに対して、

やりたい!と思っている人のみ、

強く反応してくれるんです。

 

そして、見なければいけないのは、

「そのお客さんが生涯にわたり、

 いくら美容室にお金を使ってくれるのか」

なんですね。

 

ですから、新規集客も、絞り込みが

必要だという事です。

 

私はカットのみの新規集客は基本はしません。

 

「髪を大切にしたい、手入れをコマメにしたい」

というお客さんしか集客しないのです。

 

店舗によってバラバラだとは思いますが、

VIPカードみたいなものを、作っている美容室も

結構ありますよね。

 

そのVIP候補顧客のみを集めに行きます。

 

そうなると、初回のチラシでの来店客が5名であっても、

充分に価値があるという事が言えます。

 

これが、「セグメント」と言われる、お客さんをより細分化して

絞り込むという作業です。

 

これをすれば、あなたの顧客リストの価値は、

何倍にもなります。

 

ただ、何らかのアプローチをする場合は、ですよ。

眠らせていても意味がありません。

 

今一度考えてほしいんです。

 

来店頻度というのは、何もしなければ、

お客さんの都合で来るわけです。

 

でも、こちらから、

「あー、行ってみたい」という販促を

お客さんに案内すれば、お客さんの来店頻度を

高める事が出来る、という訳です。

 

このお話は、面倒でしかありません。

 

どの業界においても、成功している店舗は、

「面倒な事をやっている、やり続けている」

という事なんです。

 

うわべだけマネても、結果が継続しないというのは、

こういう事なんですね。

 

あなたは長期的に美容室経営を

良いものにしたいはずです。

あと1年だけ、という方はいないでしょう。

 

そして、この新規集客法を、1個、2個ではなく、

複数持つ事がとても大切です。

 

あなたは新規集客法、いくつありますか?

 

マーケティングにおいて、

最悪な数字、と言われているモノがあります。

 

 

それは、、、

 

「1」です。

 

 

一つのパターンに依存してしまうと、

それがこけたら終了です。

 

ガビーン、となってしまいます。

 

他社からマネされないためにも、

複数の集客方法を確立しましょう。

 

でも、前もって言っておきますが、

新しい事を1回、2回するだけでは、

良い結果が出るかどうかわかりません。

 

それをやる根拠をしっかりと持ち、

何度かテストして、少しずつ修正し、

それでより良いものを作っていくんです。

 

 

よく、インターネット上では、

「私のいう事を聞けば、確実に結果が出ます」

というマーケティングコンサルもいます。

 

でも、それはウソです。

 

長期的には結果を生むことはもちろん出来ます。

でも、すべて成功させる様な人は、

この世には存在しません。

 

私がやっているのは、

それをやる根拠を明確にし、

ムダをなくし、お客さんの入り口をたくさん持ち、

来店時にも単価を上げる方法を仕組み化し、

長く収益を上げる為の仕組みづくりをやっている訳です。

 

魔法使いではありません。

 

でも、向かう方向としては間違いはありません。

 

うわべだけマネして、すぐに結果を出したい!という方は、

ひたすたイタチごっこの様に、走り回ればいいのです。

 

そんな方とは、私はお付き合いしません。

 

カンタンに答えの出るやり方は、カンタンに競合に取られます。

 

マーケティングの権威と言われる方の言葉ですが、

「私は1つの方法でお客さんを100人集める方法は言えないが、

 100通りの方法でお客さんを1名ずつ、計100名集める方法は

 知っています。」

 

これが目指すべき道であり、長期的な繁栄を生みます。

 

どうですか。

何個、集客方法がありますか。

 

成功者というのは、成功の数の数倍の数の

失敗をしています。

 

意味の無い事はやるべきではありませんが、

ある程度方向を定めたら、ひたすら大量行動です。

 

やり続けると答えは出ます。

でも、根拠のない事はダメですよ。

 

今日、もしくは先週、

何か新しい取組みはやりましたか?

関連記事
カテゴリー