ホームページに書くべき事 | 美容室高収益仕組み化研究会
2016-02-08

ホームページに書くべき事

今日は朝から、
異業種の経営者さんからの依頼で、

ホームページのトップページの
作成をするお手伝いのお仕事です。

 

私がお付き合いしている経営者さんの
9割は美容室経営者さんなんですが、

1割は他業種の経営者さんとも
お付き合いをしております。

 

なぜかと言うと、
同じ目線で仕事を続けていると、
今やっている事が客観視出来ない、
というのが一つ目の理由であり、

もう一つの理由は、
他業種にはたくさんのヒントが
隠されているという事です。

 

今日も自分の成長のための
1日になるはずです!

 

 

さて、ホームページ。

ホームページを作成するのは
とても難しいですね。

私も、プログラムだなんだ、と
訳のわからない外国語みたいなのは
サッパリわかりません。

そういうのはプロにお任せ。

 

私も美容室経営者さんから、
ホームページの構成について
相談される事もあります。

 

ホームページって、
「どんな美容室です」ってのを
全面的に出すべきでしょうか?

答えはというと、そうではありません。

 

「ウチは何屋です」
「ウチはこんな美容室です」

というのは、お客さんに美容室の価値が
伝わりにくいのです。

 

最も大切なのは、
あなたの美容室のサイト(HP)を
見る、今後の見込みのお客さんが、

「あ、私の為の美容室だ!」と

思ってもらうという事。

 

なのに、

「ウチはこんな美容室です」

と言われても、ピンときません。

 

特にトップページです。

 

トップページでは、
お店のイメージを全面的に
出しているサイトは多いですが、

「イメージ」というのは、
あくまでイメージ。

 

イメージと言うのは、
最も抽象的で、何の事やら
分からないのです。

 

それよりも大切なのは、

「あなたの〇〇な悩みを解消出来ます」

という、そのお客さんに対して、
変化や悩みの解消が出来る美容室だ、と

理解してもらう事なのです。

 

実際のところは、
イメージよりも、メッセージの方が
より美容室の価値が伝わります。

 

トップページに、
あなたの美容室の独自性を
理解してもらう為の
メッセージが含まれているかどうか。

意外と無かったりします。

 

「オーガニック」

と書かれても、

「だから、何なの?」となります。

 

「オーガニックなので、あなたは
 〇〇を得る事が出来る」と、

お店の特徴の先にある、
そのお客さんが得られる未来が
あるという事を、
想像させなければなりません。

 

オーガニック、とか、
〇〇を取り扱っている、とか、

これはプロの目線のメッセージです。

 

オーガニックって、色んな業種で
よく言われていますが、

ここで考える必要があります。

 

オーガニックを求めている人は、
対象顧客の何%なのか。

オーガニックの「価値」を
理解している人は、全体の何%か。

 

オーガニックの先にある価値を
理解していないお客さんの方が
たくさんいるはずですよね。

 

私も「オーガニック」と言われても、
ぼんやりなイメージしかわかりません。

 

でも、オーガニックという事は、
その先に、お客さんが気付いていない
たくさんの利点があるはずです。

 

あなたの美容室の価値は、
あなたが思っている以上に、
もっともっと、たくさんあります。

 

大切なのは、

「あなたの美容室の価値を伝える事」

「あなたの美容室価値を最大化する事」

です。

 

ホームページを見て、

「キレイな美容室だな」だけでは、

差別化にはなりません。

 

「私に何のメリットがある美容室なの?」

という悩みを解消する事が出来る
美容室なんですよ、という事を

明確に伝えなければなりません。

 

あなたのホームページは
どんな感じでしょうか。

 

プロの目線から見ても、
自画自賛になりがちです。

 

お客さんが見て、
あなたの美容室の価値が
理解される内容なのかどうか、

今一度見直すのもいいかもしれません。

 

 

 

関連記事
カテゴリー