そりゃ儲からんでしょ… | 美容室高収益仕組み化研究会
2016-02-29

そりゃ儲からんでしょ…

先日、このサイト内の私の名前に
「リンダマン」と入れました。

昔から呼ばれているあだ名。

 

そして、ヤフーで、

「リンダマン 和歌山」と検索すると、

1個目に出てくるのが、

「リンダマン…和歌山市で有名な歴代のワル!」
と出てきました。

言っておきますが、私ではありませんw
そして誰なのか、気になります。

釣り好きのリンダマンという人がいたり、
なぜか、プロレスのページも次いで出てきます。。。

 

少し言い訳をしておきますと、
私は大阪、宝塚、名古屋、横浜にいて、
和歌山を10年程離れていました。

元々は外資メーカーで勤めていて、
出世と共に、東京に向かっていきました。

関西人というのは、
東京には抵抗があるもので、
ちょっと離れた横浜の日吉という所に住んでました。

横浜は神戸っぽいし、いいかなと。
関東に住んでいたときは、
青山で服を爆買いしてました。

離婚後で、子供にも会えず、
これからどうしたらいいのかわからん、
と思い悩んでいたときでした。

 

言い訳にはなりませんが、そういう事です。。。

 

 

————

私が美容室経営者さんと
お付き合いを開始した頃の話です。

当時は、お客さんは全くおらず、
どうしたら良いのかわからず、
最初は飛び込み営業をしました。

 

ディーラーさんが、
いきなり忙しい時に
やってくる様な感じです笑

 

元々私は営業肌ですし、
訪問販売もやった事もあるし、
抵抗は全くなかったのですが、
必死こいて働く!としか
考えていませんでした。

 

でも繰り返していると、
自分の勝ちパターンが出来てきて、
数十件の美容室さんと
取引をする事になりました。

 

その頃お会いした、
とある美容室経営者の話です。

 

お店に入ると、
カウンター裏に座っていました。

平日の午後イチ位だったかなと。

一人で美容室経営をしています。

 

不思議なもので、
ずっと営業をしていると、
意欲的な経営者と、
そうでは無い経営者の違いは、

パッと見ると、わかってくるもの。

 

そして、もうひとつ。
お客さんを大切にしている美容室と、
そうでは無い美容室の違いも
見えてくるものです。

 

そしてその経営者さん。

まず、その時はヒマだったので、
カウンター越しに座っていました。

 

色々とお話をしましたが、
とにかくお客さんがあまり来ず、
どうしていいのかわからないし、
ローンを払うのが精いっぱいだった様です。

 

僕も創業当時、
詐欺の様な事で大金を失って、
うつ病になるんちゃうか!?
位の気持ちだったので、気持ちはよくわかります。

 

そして、その経営者さん。

「お金は捻出できないけど、
 何かしなくてはいけない」

との事だったので、

そして、私も当時は、
必死にお客さん獲得していたのと、
その方の気持ちがわからなくもないので、

「○○をこういう風にして下さい」

と無料でアドバイスをしました。

 

 

「なるほど!じゃあやってみます!」

と、その経営者は喜んでくれました。

 

そしてその3週間後位。
再び、そのお店に行きました。

先日伝えた方法の結果を確認すべく、
ワクワクしていました。

 

そしてその経営者とお話をしました。

「どんな感じになってます?」と
話しかけました。

 

そしてその経営者さん。

「実はまだやっていないんです」と。

 

「じゃあ、また来ますね」と伝え、
その日は去りました。

 

 

そしてその1カ月後位。
再びそのお店を訪問しました。

「どうですか?」

と聞くと、

「まだやってないんです」と言いながら、
何かの動画でも見ていたのか、
テレビなのかわかりませんが、

音声らしきモノが後ろから聞こえてきます。

 

その後も何度か伺いました。

「他店で同じことやっていますが、
 他店では~万売上が上がってますよ」と、

具体的な結果も話しました。
でも結局、全くしませんでした。

申し訳ない言い方ですが、
これでは何も結果は出ませんよね。

 

 

でもこれって、決して他人事では
無いと思います。

 

その方は、色々と勉強していて、
本も何冊か置いていました。

本当に勉強しています。

 

でも、何も行動には
移していなかったのです。

 

 

大きな見方をすれば、
他人事に聞こえるかもしれませんが、

小さな見方に変えると、
自分にも同じ所があるのかな、
と考えさせられます。

 

「やらなあかんけど、やってない」

「そのやり方は知っている」
と言いながら、やってない。

「昔学んだとてもいいことを、
 当時は一生懸命メモを取ったけど、
 メモを読み直す事無く、やってない」

 

誰もがあると思います。

 

何事においても、
前に進めるためには、
まずやってみる事がとても大切ですし、

そもそも、最初から
上手くいく訳がありません。

 

ビビッていたら、
何の行動もできません。

 

世の中に、これだけたくさんの
会社が存在していて、
どんな経営者もコツコツやっているのに、

「俺は特別だ!」なんて思って、
大きな当たりくじを引いてやろうなんて
思っていても、まず当たりませんし、

西川きよし師匠じゃないですが、
まず1歩進める事、
そしてそれを検証し、
改善し、より結果が出るものにしていく。

これが商売の基本だと思います。

 

一発逆転狙いをした人は、
長期的には繁栄していません。

あなたの地元でも、昔は有名だった
お店や、美容室もありませんか。

 

今日は大抵の方は定休日だと思いますが、
明日からは新しい月ですね。

 

僕は毎月、小さな事でも、
新しい取り組みをやる様にしています。

時には大損する事もありますが、
一発で終わらず、改善していくと、
今まででは考えられなかった結果も
出ます。

 

適度な投資も必要です。
広告は最大の投資の場所だと思います。

 

僕が思うのは、
自分自身の価値というのは、
自分が思っている以上に、
もっと価値があるという事です。

 

眠らせている知識やノウハウを
もっと表に出す必要もありますし、
世の中にそれを伝えなければなりません。

 

知ってるよ、と言いながら、
何もやらない人の事を
「ノウハウコレクター」と言います。

何か相談したときに、
「あー、それね。うんうん」
って言う人は、ノウハウコレクターなのかも
しれません。

 

ネットでもたくさんの情報がありますが、
ネットの障壁としては、
情報があまりにも多すぎて、
何から行動していいのかわからなくなる、
という事です。

 

勉強ばかりではなく、
勉強以上の実践をしなくてはなりません。

 

という事で、私は来月も
また新しい取り組みをやっていきます。

 

あなたの計画にも、
もう一つ新しい取り組みを
入れてみるのはどうですか?

 

 

——————-

結果が保障された取り組みを
してみたいと思いますか?

1か月半で来店客数が
最大36名増えた取り組みに
興味のある方はコチラ

関連記事
カテゴリー