顧客層狙い撃ち! | 美容室高収益仕組み化研究会
2016-03-07

顧客層狙い撃ち!

和歌山オフィスより、、、

 

最近は、
初めてお付き合いする方との
機会が増えてきていて、
とにかく楽しく仕事しています。

 

でも、始めたころは、
頭がおかしくなる位、
苦しい日々だったことを
思い出します。

 

それもこれも、

「やることが明確になった」

という事が全てで、

それに対し、全力で取り組んでます。

 

 

ターゲットとする顧客層を
あなたは決めていますか?

 

また、あなたの美容室が、
どの顧客層に強くて、
どこをどの様に強化すれば、

「売上アップ・収益アップ」

を実践する事ができるのか、
描くことが出来ていて、

それに対しての取り組みを
実践出来ているでしょうか。

 

 

当たり前の話ですが、
誰でもかれでもお客さんとして
招き入れてしまうと、

非効率なお客さんとか、
来てほしくないお客さんとかが
新規顧客としてやってきます。

 

 

そして、逆に言うと、

「ウチの強みの顧客層」

という事を理解出来ているかだけではなく、

その顧客層が、売上の何%を占めていて、
そこを延ばすための取り組みが出来ていて、
それにより、数字が伸びている状態が

「仕組み」の1つとなり、

継続的に収益を上げる事が出来ます。

 

 

どの業界においても、

「なんでも屋」さんは、

衰退の方向になっています。

 

 

歯の治療においても、
ひと昔前はなかったのに、

「審美歯科」というジャンルだけで
経営が成り立っています。

 

白金台にはたくさんの歯科医院がありますが、
後から出来た歯医者さんが、

「●●こども歯科医院」という、

子供に顧客を絞り込んだ歯医者として開業し、
大成功しています。

 

 

「専門」をうたう事によって、
対象のお客さんは、

「あっ、私が求めていた美容室だ!」

と、より捉えやすくなり、
そうする事によって、
「来てほしいお客さん」には、
より強烈に突き刺さるメッセージを
発信する事が出来るので、

強みをより強くすることが出来ます。

 

何でも、20:80の原理は
成り立っています。

2:8でなくても、
これに近い数字にはなります。

 

 

もし、あなたの美容室で、
40代女性が、客単価・来店頻度ともに
とても高いのであれば、

40代女性のお客さんの集客に
より強く絞り込めば、
より収益に繋がります。

 

 

専門用語になっちゃいますが、

「ペルソナ」って、
知っている人もいると思います。

 

でも、これは、
知っているだけでは意味がありません。

 

 

 

【ペルソナの出し方】

あなたの美容室に来てほしいお客さんに、

まず、仮の名前を付けます。

 

けいこさんでも、ヨネさんでも、
ひとみさんでも大丈夫です。

 

そして、その人の年齢を書きます。

そして、その人の仕事を書き、
趣味、日常生活スタイルを書きます。

一緒にいる友達がどんな人なのかも
書いてみます。

その人のライフスタイルを
「具体的に」書き出します。

 

例えば、朝起きて何を食べてるか、
どんなテレビを見ているか、

仕事している、していないに関わらず、
新聞を見るのか、テレビを見るのか、
どんな雑誌を見るのか、

空き時間にはどんなお店に行き、
どんな友達と、どんな話をしているのか。

 

 

これをやる事によって、

「広告の出し方・出す場所」が

明確に見えてきます。

 

 

広告で最も大切なのは、

「お客さんの生活に入り込む」

という事です。

 

 

対象となるお客さんが、
日ごろ行く所、日ごろ見るモノに
あなたの広告があれば良いという事です。

 

まず、ほとんどのお客さんは、
近所の方であるということは、
簡単な絞り込み方法です。

そして、あなたの近所のお店には
どんな所があるのか想像します。

対象のお客さんが、
もしエステに行ってるなら、
友達とオシャレなカフェに行ってるのか、

どんなホームページを見るのか、

そして、

「どんな悩みを抱えているのか」
「どんな変化を望んでいるのか」

このあたりを考えると、

集客においても、
そんなにお金を掛けずに出来ます。

 

お金を掛けない集客方法は
誰もが望んでいますが、

ここまで具体的にすれば、
本当に集客が仕組み化されます。

 

 

「周りの美容室がやっている事」は、

すぐにマネ出来ますし、マネされます。

 

でも、表にはあまり見えず、
「複数の集客方法」を確立していれば、

外から見ても、
「何故あなたの美容室がこんなに流行っているのか」
は、わかりません。

 

 

良いか悪いか別ですが、

アムウェイって知ってますよね。

 

洗剤とか、サプリメントとか、
化粧品、シャンプーとか、

消耗品が多く、鍋などの耐久品なども
販売しています。

 

 

あの仕組みって、
口コミで成り立っていますが、

口コミした人、された人ともに、
メリットがある様になっており、

しかも、広告は、口コミで
成立していて、
ビジネスが莫大になっています。

 

個人的にはあの様な仕事をするのは
大嫌いではありますが、
アムウェイの社長は好きです。

このアムウェイの社長が言ってた事が、

「ウチのビジネスモデルは、
 誰でもマネできます」

という言葉です。

 

でも、ほとんどの人は、
あれをマネしようとはしません。

 

なぜなら、面倒くさいからです。
複雑すぎる仕組みを持っているからです。

 

面倒な事をコツコツ積み上げ、
今となっては、

「自動的に売上が上がる仕組み」

を、確固たるものにしています。

 

 

ペルソナを決めれば、
集客方法のムダがなくなるだけではなく、

対象顧客に深く突き刺す事ができ、
その対象顧客だけに向けた方法を
複数作り出す事が出来て、

「誰にもマネ出来ない集客の仕組み」が

確立されます。

 

 

美容師さんによる施術は、
柔道で言う「立ち技」です。

一本背負い、背負い投げ、
(柔道はよくわかりませんが)
ですが、

 

集客というのは、
「寝技」がほとんどを占めます。

 

立ち技での集客法もありますが、
それは、誰でもマネ出来るものです。

 

 

技術と収益が比例しない事を認め、

技術の知識と、集客の知識を
「自分の過去の経験」だけでなく、
客観的にその2つの力の各々をまず認め、

それに対し、強化すべき事、
不足している事を明確にし、

学ぶ機会、実践する機会を
作らなければなりません。

 

 

「賢者は他社から学ぶ」

誰が言ったか忘れましたが、
海外の歴史的な有名な方だったと
思います。

 

自分の過去の経験を振り返り、
新しい事にチャレンジしても、
過去以上の事は出来ません。

 

他者からの学びはとても重要で、
ガンコにならず、素直さを持ち
学ぶ機会を作る事も必要です。

 

そのために私は、
本をたくさん読むようにしています。

 

 

 

よく、こんなことを
美容室経営者さんから言われます。

 

「カンタンに売上を上げる方法ないですか?」

 

基本的には、無いです!

 

野球が上手くなりたくて、
プロ野球選手の所に行き、

「カンタンに野球が上手くなる方法を
 教えて下さい」

と言ってるのと全く同じです。

 

 

集客は、完全なる技術であり、
センスが無いと思っていても、
学べば、必ず出来ます。

 

月曜ですし、
この様な事を考える時間として、
取ってみるのも良いのではと
思います。

 

今週もリフレッシュだけでなく、
パワーアップして、
良い売上を作ってくださいね!!

 

—————————–
kantan
この方法なら唯一「カンタン」で、
1か月半で最大36名の来店客数を
増やした美容室もあります。

実践してみたい方はコチラ

 

関連記事
カテゴリー