ホームページは「役立たず」!? | 美容室高収益仕組み化研究会
2016-03-19

ホームページは「役立たず」!?

ネットニュースで、
面白いモノを発見しました!

「アドビ」って会社、
知ってますか?

デザイナー向けのソフトなどを
作っている、超有名な会社ですが、
身近なものでいうと、pdfでおなじみの、
「adobe acrobat reader」ですね。

そこの会社が、ホームページに関する
アチャパーなアンケートを
出していました。

 

「8割の消費者が、
 ホームページから受け取る情報は
 自分の関心からズレている」

という結果です。

 

僕の知人でも、
ホームページ作成をされている方がいて、
その方が、

「こんな事をお店から依頼されたから
 仕方なくやったのー」

と言ってたのを思い出しましたが、

たいていの企業や会社・店舗では、
ホームページに書いていることは、

「書きたい事」

を書いている、という事実です。

 

これがアンケート結果による
ストレートな結果です。

たとえば、美容室のホームページで、

「私たちは~が出来ます」とか
「~にこだわったサロン」とか

書かれていても、
それを見たお客さんというのは、
何のコッチャ、わかりません。

 

お客さんが知りたいのは、

「私の悩みを解決できるのか」
「私が望む変化ができるのか」

という事だけです。

 

美容室のホームページで、
「ウチはこんな事が出来るんです」
という感じでホームページを
作成しているところも、
実情ではあります。

でも、そのメッセージは、
お客さんは求めていませんし、
アドビのアンケート結果が
それを物語っています。

あくまでアンケートですが、
もう少しお話すると、

53.2%の人は、
「ホームページでは、
 私が知りたい事とは
 一致していない事が多い」
と回答しています。

 

これ、実は大問題なのです。

というのも、消費者の行動が、
数年前から大きく変化しているからです。

 

今は、スマホ片手に、
いつでもどこでも、
ホームページを見る事が出来ます。

となると、ホームページが
自分が見たいモノかどうかを
「今まで以上に瞬時に判断する」
のです。

 

ですから、パッと見たときに、
最初の画面に見えるメッセージが
お客さんの心を動かすことを
書いていなければ、

「他のホームページ探そうっと」

となってしまうんですね。

 

スマホがない時代なら、
ホームページの価値は今よりも
あったかもしれません。

でも、今は便利すぎて、
お客さんはそのホームページで
なくても、他のホームページで
十分、事足りるという状況です。
アマゾンなんかもその一例ですよね。

ホームページを良いかどうかを
判断するのは、ほんの数秒です。

 

パッ、と見たときに、
写真が大々的に出ている
美容室のホームページは、
実はとても多いです。

 

でも、写真なら、
何の価値も伝わらないのです。
ズバッと言いましたが、事実です。

写真は、抽象的なイメージです。

「キレイな美容室ー!」と
思ってもらえると思いきや、

ほとんどの美容室のホームページは
残念ながら、キレイです。

ですので、キレイというだけでは、
お客さんの興味付けは
出来ないのです。

これが現実です…

 

「私に何を提供してくれるの?」

という事が、

「一瞬見た」だけで、
伝わるホームページが理想です。

となると、写真では
その価値が伝わりません。

お客さんに直接的に
反応を出すことができるのは、

「言葉」

なのです。

 

残酷な話でいうと、
ラインでイジメが起こっていますよね。

でも、ラインというのは、
「言葉」だけなのです。

 

言葉って、
とても軽んじられていますが、
実は、言葉で人の命を
失ってしまったりしているのが
今のご時世です。

 

残酷な話をしたいのではなく、
それだけ、言葉にはパワーが
あるという事を知ってほしいので
言いました。

 

DMでも、言葉、表現を
変えるだけで、反応がベラボウに
変わります。

写真を大々的に使ったDMは、
ただの「キレイ」なDMであり、
お客さんの心は動きません。

大切なのは、
「価値を伝える事」です。

 

ホームページ、
今どんな感じか私はわかりませんが、
パッとみて、
お客さんが「ココに行きたい!」と
思うような、まででは無いとしても、

「何、このホームページ?」とか、

何らかの興味を引くページに
なっているかどうかがポイントです。

パッとみて、
興味を引き付ける内容がなければ、
下にスクロールさえしません。

今のご時世、
消費者は選び放題です。

お店に行き、気に入らなければ、
わざわざその店にクレームを
言う必要もなく、
他の店に行けば解決します。

 

クレームは、
言葉には出ません。

こんな時代だからです。

 

ホームページって、
「24時間働く営業マン」
です。

意外と、軽く見られています。

 

 

あなたのホームページは、
パッとみて、

「あ、私の求めてた美容室だ!」と

わかる様になっていますか?

 

 

 

関連記事
カテゴリー