※要注意!美容室経営者はマネしない様に | 美容室高収益仕組み化研究会
2016-03-25

【半面教師用】マネしない様に

今日は私の失敗談です。

ぜひ、マネしない様に
お気を付けて下さい。

 

いきなりですが、
一生懸命働いていますか?

「一生懸命働くと、いずれ報われる」

と思うのが普通ですよね。

 

けど、一生懸命働いても
実は報われないのです。

 

世の中には、一生懸命働いている人は
山ほどいます。

作業着を着て仕事している人、
営業マン、店舗スタッフ、
夜遅くまで働いている社長。

みんな、一生懸命です。

 

でも、一生懸命働いても
低所得の人はたくさんいます。

 

僕は起業してすぐに、
とても痛い目にあいました。

今とは違う仕事を始めたのですが、
サギまがいの方に引っ掛かってしまい、
裁判沙汰になりました。。。
起業初年度は、約マイナス1000万…

無店舗なのにマイナス1000万って、
笑かすでしょ!
半泣き、というか、全泣きの状態でした。

うつ病になる寸前というか、
人と会う事さえもイヤな状態でしたし、
サラリーマンがうらやましく
感じる事もありました。

開業当時の目標なんか、
現実が現実だったので、
思い出す事さえ出来なくなってました。

 

でも、この時も
一生懸命仕事はしていました。

 

そして、世の中で
お金を稼いでいる人の共通点を
考えていくと、
結構時間に余裕があったり、
趣味の時間をキチンと取っていたり、
仕事に対する時間をそんなに取らずして
良い生活をしています。

 

仕事で臨む収益を得てる人は、
みんな自分のやるべき事に
集中しているのはわかりました。

それと同時に、
自分には何が足りないのかを
明確に理解しました。

 

自分には、
継続的に収益を得る仕組みが無い事。
お金を稼ぐ能力が無い事がわかりました。

 

起業するときの間違いって、

「何を売るか」
って考えてしまいがちですが、
大切なのは、

「どの様に売るのか」ですよね。

 

僕が起業して、
最初に始めた仕事と言うのは、
まさに「何を売るのか」だけで
判断してしまいました。

「俺は出来る!」みたいな勘違いで、
競合の調査もせず、
市場の調査もろくに行わず、
先走り発射みたいなモンです。

今みたいに、広告の出し方や
既存顧客との取引継続方法や、
新規顧客を集める方法なんて
何もわかっておらず、勢い任せで
ドツボに急降下です。

前に紹介した知人も、
「俺は出来る」と思い込み、
「何を売るか」だけを考え、
エライ事になっています。

よく、
「オモロイ商材ないの?」っていう経営者
いるでしょ。
オモロイ商材を探す前に、
まず既存製品の売り方を改善するのが
先ですよね!
モノの売る技術が無いなら、
商材をどれだけ増やしても同じです。

 

現状では、
「どの様に売るのか」って、
結構、経営者の個人的感覚で
行われている方が多いのが現状で、
逆に言い換えると、
とてもチャンスの状態です。

「仕組みって抵抗がある」って考えるのは
一般的な意見ですが、

私が今この仕事が出来ているのは、
バカにも関わらず、仕組みの作り方を
一生懸命勉強し、
そして、それを美容室経営者さんと
共有出来る様になり、
共にハッピーな状況を作る事が
実現していってます。

 

一生懸命ではなく、
まずは自己分析、
自分の店舗、経営の自己分析で、
強みと弱みを整理し、
それに対し、何をすべきかを
徹底的にしなければなりません。

「会社は弱みを強くすれば最大化できる」

「人は強みをより強くすれば最大化できる」

会社と人では真逆ですが、
これは基本的思考です。

 

仮に、
・技術力 8点
・集客力 5点
の美容室があったとします。

技術は10点満点中8点なので、
そこから1点追加するのは、
かなりの努力が必要で、
しかも、上がっても最大2点。

8点×5点=40点です。

技術が1点上がり、9点になれば、
9点×5点=45点です。

しかし、技術はそのままで、
集客力が5点から6点に1点追加されると、
8点×6点=48点です。

今、弱い部分を強化する方が、
同じ1点を追加しても、
結果が変わります。
(45点と48点の違いです)

 

仮に、技術が8点から10点になれば、
10点×5点=50点
集客力が5点から2点になれば、
8点×7点=56点

弱みを強くした方が、
より売上に貢献します。

これは、実際の数字に置き換えても、
同じ様に、弱みを強化する方が
売上に跳ね返ります。

 

実際、技術力って、
おそらくではありますが、
お客さんをほぼ満足させる状態に
あるんだと思います。

もし、
売上が思い通りに上がらない原因を
「技術が足りない」と考えているなら、
それはたぶん違います。

いつもの飲食店の例えですが、
汚いお店でも、味はソコソコでも、
美味しいお店より流行っていたりします。

 

技術は、技術職であり、
集客は、集客職ではありません。

集客は、再現性があります。
言い換えると、経営者が集客を学べば、
スタッフみんなで学べます。

センスではなく、技術です。
(毎度ですが)

 

僕は、全国の美容室さんが
もっと集客技術に注力すれば
売上がドンドン上がると思いますが、
そんな偽善の様な事は求めてません。

わかってくれる方だけが
わかってくれたらいいと思ってますし、
この様な僕のつまらないブログでも
興味を持って読んで頂いている方に
理解してもらえたらいいと思っています。

 

という事で、
「客単価を上げる方法」、
間もなく案内開始です。

メルマガに登録頂いている方のみに
案内予定です。

 

(メルマガ【動画セミナー】
未登録の方はコチラ

(顧客リストからすぐに
20万強の売上を上げる

方法が気になる方はコチラ

 

売上って、
何て事の無い事で上げられます。

サンキューレターを仕組み化するだけで、
月間来店客数は30人以上増えたりします。

DMのデザインを変えるだけでも、
5人しか来てくれなかったのが、
20人来てくれる様になったりもします。

 

僕みたいに、痛い目に合う事なく、
極力、目的地にまっすぐ向かってもらえる様
サポートしたいと思っています。

僕の場合は、ドツボに落ちて、
弱みを気付かされ、その結果、今があります。

 

売上を上げる方法はあります。
なぜなら、
「お客さんを取りこぼしている美容室」が
多数あるからです。

せっかく獲得した新規顧客も、
リピート率は業界平均で50%前後ですし、
残りの半分の方は、あなたの美容室の
対象顧客になります。

 

「美容室はコンビニ店舗数の何倍あるー」
とか、どうでも良い話です。

そんな事を言ったら、
士業の方(弁護士、会計士等)なんか、
下手すればもっと大変です。

昔は、弁護士というと、
すごいねー、と言われていましたが、
弁護士と言っても、
ピンキリです。
仕事が取れない状況もあります。

会社の数は増えないのに、
弁護士の数がドンドン増えているからです。
まだ増えようとしてますからね。

 

正しい集客方法を学べば、
競合をさほど気にしなくてもいいですし、
勝てます。

 

頑張るではなく、
やるべき事をやる。

これって本当に大切ですよね。

 

僕は、やりたい事はたくさんありますが、
いつも定期的に、
今やっている事を続けるべきか、
やめるべきか、
今お付き合いしている方とお付き合いを
続けるべきか、やめるべきかも
考える様にしています。

自分の業務って、
必ずムダが出てくるからですし、
そのムダというのは、毎日の
ルーティーンでやっていくと、
気付かなくなるからです。

こんな事を言ったら、
どう思われるのかわかりませんが、
事実としては、
お付き合いが順調であっても、
途中でお付き合いを終了する事も
かなりあります。

今日だけではなく、
長期的に力をつけ、自分が向かう方向に
まっしぐらで向かう為です。

いい人でいるつもりはありませんし、
自分の時間を最大限に有効活用する事が
大切だからです。

時間は有限ですし、
お金は無限だと思っています。

 

 

という事で、
では今日(もしくは明日)も

良い1日にしてくださいね!

 

客単価アップ法の案内は
間もなくです!

関連記事
カテゴリー