しつこい案内はどうなの!? | 美容室高収益仕組み化研究会
2016-04-01

しつこい案内はどうなの!?

僕はよくセミナーに参加しますが、
時にはチョイ高めの1泊2日みたいなのも
参加します。

お金を払った方が、
「自分のモノにしてやるぜ」と
なります。

セミナーに参加すると、
同じ様な悩みを抱えてる人も
多いので、人脈も広がりますし、
今も良いお付き合いをしてる人も
います。

 

で、昔参加させてもらった
セミナーの会社が、
とてもアグレッシブな所なんです。

と言うのも、次のセミナー案内を
2日に1回位のペースで
送ってきます。

 

「もういいのになー」と思ってましたが、
でも、何度も案内が来るのです。

 

送ってくるメールを
見る気にさえならなかったし、
その後の多数のメールを
開封する事もありませんでした。

それから1カ月後位でしょうか、
仕事の休憩をしている時に、
そこから、ふと、またメールが
来ました。

 

いつもなら開けないですが、
何故か開けてしまいました。

その時はタマタマ時間が
あったからです。

それで、そのメールを読むと、

「あれ、面白そうだな」と思い、
読み続けているウチに、
引き込まれました。

 

そして、今まで不要だと
思い込んでいた案内が

「これは自分の為のものだ」
と解釈が変わり、
思わず、セミナーに申し込んじゃいました。

 

 

実際、僕のメールボックスには、
一日何十件もメールが来ます。

家にも、チラシとか何だとか、
やたらめったら、送って来られます。

1件1件、どこから来たかとか
全く覚えていません。

 

でも今回のセミナーは、
向こうから案内があったから、
しかも、何度も案内があったから
参加するという決断に至りました。

セミナー会社からすると、
僕へのメールを何度か送った結果、
僕のセミナー参加費が収益として
出たという事です。

案内されていなかったら、
間違いなく、行ってません。

 

人って、
外部の何らかのキッカケで、
行動を促されます。

自分ひとりでは、
ほとんどの人が決断出来ません。

このあたりの話は、
「客単価アップ法」で
詳しくお話しています。

——————-
若手スタッフでも売上を上げる事が出来る
「客単価アップ法」
今週日曜日の夜まで特別案内です。

同じ条件での案内は、これにて終了です。

http://genkibiyoushitsu.com/rcv
——————-

 

実際、
同じお客さんに何度も案内するのって、
普通は気が引けるものです。

でも、お客さんへの販売促進で
重要な要素となるのは、

「タイミング」です。

美容室に行った翌日に
他の美容室から案内が来ても
まず、興味を持ちません。

来店3週間後でも、
さほど興味は持たないし、
お客さんは反応してくれません。

「そろそろ美容室に」という
タイミングなら、反応してくれます。

 

そして、最も大切なのは、
自意識過剰にならない事。

何度も案内すべきです。

 

 

DM等の案内の送り手からすると、
「何度も送ったら嫌われるかも」
となりますが、

お客さん側からすると、
「また来た」もしくは、
見られずにゴミ箱行きです。

 

よく、
「DMを送ったら確実に見てもらえる」
と思われがちですが、
そんな訳ありません。

お客さんからすると、
美容室は自分の生活の中の
ほんの1部分ですし、
毎日意識する訳がありません。

そして、送ったDMは、
半分も見られてないのではと思います。

 

そして、
「見た」のと「読んだ」のでは、
各段の差があります。

「見た」だけの時は、
記憶から抹消されます。
読む気が無いタイミングの時ですね。

いわば、心に突き刺さる
タイミングでは無かったという事です。

 

何度も何度も送れば、
お客さんが、美容室に行くタイミングと
合致します。

そして、あなたからの案内を
しつこいとは思わず、
何十分の1のDMでしか無いですし、
イチイチ意識してません。

一度で確実に見てもらえると
考えるのは、大間違いです。

 

僕がセミナーに申し込んだのも、
その会社からの案内は
ちょっと面倒になってましたが、
その会社の事を嫌いになったのでは
なく、

「今の自分に関係ない」と
思ったから、見なかっただけです。

 

お客さんへの案内をたくさん送って、
嫌われてしまう様な関係なら、
多分、もともと、クレーム対象の
お客さんの分類の人たちです。

 

失客もそうです。

何らかのタイミングで、
他店に移ってしまい、
またタイミングを提供すれば、
来てくれる人だっています。

 

人は、接触回数の多い人に対し、
親しみを感じる、という心理があります。

コマメに顔を出してくれる
営業さんに親しみが沸くのと
一緒です。

 

お客さんとたくさん接点を持ち、
来店以外でもコンタクトを取れば
お客さんはあなたの事を忘れません。

そして、良い案内を送ってもらって、
嫌がる人なんか、いませんよね。

 

何度もお客さんに案内するのって、
メンタル的にブロックが掛かりますが、

「プロ目線」ではなく、
「お客さん目線」で考えれば、

しつこく送るべきです。

 

新規、新規と考えるよりも、
今の顧客リストの中の方に
もっと大きな価値があります。

「新規病」に要注意です。

新規顧客ほど、
手間ヒマ、お金を掛けなければ
なりません。

 

来てほしいのに来ていない
お客さんがいるなら、
「鳴くまで待とう」ではなく、
「鳴かせてやろう」です。

コチラからアプローチです。

 

という事で、
今日も良い1日にして下さい!

 

——————-
uriageup

 

 

 

 

※ご案内:1

最も低予算で、
・若手スタッフでも
・お金を掛けなくても
・マネされることが無い
方法を実践したい方はコチラ
http://genkibiyoushitsu.com/rcv
あと3日で特別条件終了です

——————-
※ご案内:2

短期間/低予算で、
10~20万の売上を
増やしたい方はコチラ
http://genkibiyoushitsu.com/teiyosan

関連記事
カテゴリー