衝撃的な言葉(3つある?) | 美容室高収益仕組み化研究会
2016-04-02

衝撃的な言葉(3つある?)

エイプリルフール当日の昨日、
月に1回のお金の計算をしました。
ホントです笑

お金の計算と言っても、
月々に掛かった費用という
ザックリしたものではなく、

あらゆる広告に掛かった費用を
細分化して算出します。

 

算数はもともと大嫌いですが、
最も大切な事なので、むりやり
習慣化してやっています。

 

 

僕がこの仕事を始める前に、
尊敬する方(偉人)の本を
よく読んでいたのですが、

「ハッ」と思わされる事を
書いていました。

 

その本の内容を見て、
自分がやっていない事を
直視させられました。

実際仕事って、
日々の仕事に追われる事が多く、
惰性というか、日々当たり前に
やっている事が多くなるものです。

 

その時に見た言葉が、

「売る仕組みがなければ、
 顧客の『買う仕組み』に
 頼るしかない」

って言葉です。

 

実際、どんな商売においても、

・客数
・客単価
・購買(来店)頻度

この3つが売上の指標として
使われます。

 

そしてこの記事を読んだ時に、

「自分の仕事において、
 この3つの指標の仕掛け、仕組みが
 あるだろうか」

と考えさせられ、

多少実施している事はありましたが、
ほとんどの仕事において、
この3つの指標に関連する仕掛け、仕組みを
作れていませんでした。

 

何となくやっていただけで、
・「客数」を増やす仕組み
・「客単価」を上げる仕組み
・「購買(来店)頻度」を上げる仕組み

が、どんぶり勘定になっていて、
ひとつひとつは何もやってない。。。

実際、この3つのうちの
1つでも、仕組みがなければ
商売は継続性がありません。

 

なので僕はいつも、
月に1回の自分の行動、結果を
振り返る時に、
この3つの仕組みごとに
検証、改善をしています。

忙しすぎる時は、
この3つのどれかが欠けていて、
その結果、全く結果が出ない部分も
発生してしまいます。

 

一般的には、
「客数を増やす仕組み」のみを
考える経営者さんって、
どの業種においても多いです。

ネットショップなんかもそうですね。

客単価を上げると、
今のお客さんの数だけでも売上を
大きく上げる事が出来ます。
客単価を500円上げたら、

月間客数が300人なら、
それだけで15万上がります。

購入(来店)頻度を上げるだけでも、
売上が大きく上がります。
1.2倍の来店頻度アップをすれば、
売上も1.2倍程度上がります。

 

意外と、この3つに対しての仕掛けは
作れていなかったりします。

実際、美容の業界においても、
客数を増やす為の広告なんかは
よく見かけますが、

客単価を上げる為の取り組みを
売り込んでいる業者もほぼなく、

来店頻度を上げる取組みとして、
よく言われる事は「次回予約」ですが、

これと言った仕掛けを提案している
業者は、一部以外ほぼありません。

 

ホットペッパービューティは
新規集客において大きな武器ですが、
それ以外の対抗馬も早く出て欲しいし、
もっと活性化すればいいのにと思いますが、

それと同時に、
客単価、来店頻度を上げる仕組みを
提唱する会社、ネットの仕組みなども
出ればいいのにとは思いますが、
なかなか出ないものです。

 

僕の動画を見て頂いた方は
理解頂けるでしょうけど、

・客数
・客単価
・来店頻度

を上げる為には、
それぞれ、使うツールが違います。

 

客数増加はご存知の通りの
ツールがたくさんありますが、

客単価を上げるには
・接客能力を上げる、か、
・店内での仕掛けを作る

このどちらかしかありません。

 

来店頻度を上げるには
・次回予約を取る、か、
・来店時以外で顧客とのコンタクトを取る

かのどちらかしかありません。

 

売上って、
細分化をすれば、
どこを強化すればよいのか
よくわかりますし、

この3つの指標で、
最も弱い部分を強化すれば、
売上は大きく上がります。

 

「売る仕組み」
具体的に言うと、

「客数を増やす仕組み」
「客単価を上げる仕組み」
「来店頻度を上げる仕組み」

いずれも実施すべきであり、
ひとつでも0点なら、
その0点のところから、
利益損失が起こります。
バケツの穴から出ていっちゃいます。

 

そして仕組みは、
ひとつ、ふたつではなく、
複数持っている方が良いです。

一つの方法では、
それがコケてしまうと終わっちゃいますし、
複数、そして複雑にしておく方が
他店にもマネされません。

 

「ウチは紹介で成り立っている」とか、
「1つの広告ツールのみで9割の集客」

という状況であれば、
それは少しキケンかもしれません。

なぜなら、人口は減っていくからです。

 

僕も自分の仕事において、
お客さんの入り口を作る方法は
複数持っています。

そして僕は時には広告費が
そのまま川から海へと流れていき、
ヤケ酒モード風になったりしますが(笑)、
でも、改善を繰り返していく事で、
より大きな結果が出ますし、

一つの方法を1度、2度実践し、
結果が出なかったからと言って、
完全にやめる事はありません。

改善し、結果が整うまでやり続けます。

 

「仕組み」って、
抵抗のある方もいるかもしれませんが、

仕組みがなければ、
個人の能力に依存してしまい、
再現性が出来なくなります。

仕組みって、本当にシンプルな事を
行うだけで出来るモノです。

 

今年の4分の1が終わりましたし、
この機会に3つの指標に対する仕組みが
良い状態で回っているのか、
改善の余地がないのか、などを
考える時間を取ってもよいのではと
思います。

 

という事で、
気温も高くなってきましたし、
桜も和歌山ではほぼ満開です。

良い土日をお迎えください。

ド田舎和歌山から応援しています!!

 

—————————-

uriageup

 

 

 

 

 

「客単価を上げる仕組み」
特別案内は、明日2日(日)の
深夜までです。

http://genkibiyoushitsu.com/rcv

 

関連記事
カテゴリー