経営者は汗をかくな!! | 美容室高収益仕組み化研究会
2016-04-08

経営者は汗をかくな!!

僕は美容室さんとの
色んな取り組みの中で
ポスティングもしているのですが、

恥ずかしながら僕は
ポスティングを自分がしたという
経験が無かったので、一昨日
美容師さんと一緒に
ポスティングを行ってきました。

僕は訪問販売もしたことあるし、
ポスティングはただ投函するだけなので
全く抵抗は無いのですが、
とにかく感じたのは
「体を動かしていないな」という
自分の老体さを感じましたw

そんな話ではなく、
実際、いろんな家を見ると、
色んな発見があります。

 

家の前にある車や人で、
その一角当たりの収入が
ある程度想像出来たり、

家族構成なんかも
ある程度は見えてきます。

 

まあ一番の目的は、
自分も経験する、という
事だったのですが、

今回のポスティングにおいては
色んな仕掛けを作り
実施してみました。

エサはまいたので、
後は待つのみです!

 


 

という話をしたかったのでは
ありません。

実は私が一緒に
ポスティングをやったのは、
「店長」でした。

 

店長と言う職は、
いわば経営者の立ち位置です。

「俺が率先して動いて
 みんなを引っ張らなくては」と、

とても責任感の高い店長さん
なのですが、
あなたはこの行動について
どう考えますか?

 

この後のお話は、
その店長さんと話した内容です。

もしあなたが、
何かのスポーツをしていたなら、
キャプテンを想像して下さい。

キャプテンと言うのは、
何でも率先して行動し、
みんなよりも努力し、
キツイ練習でも
みんなよりもいち早く終わらせ、

「がんばれよ!」と
メンバーに声を掛けるものです。

 

でも、経営者とキャプテンは
大きく違います。

経営者と言うのは、
先を見越した行動を
行わなければなりません。

そして経営者は、
やらなければならない事は
山ほどあるはずです。

 

・お客さんを呼ぶ為の取組み
・単価を上げる取組み
・離反防止のための取組み

などなど、考えなければ
ならない事がたくさんです。

僕は時間を大切にしているという
話を何度もしていますが、

実際、今回のポスティングは、
はたして、店長が行うべき
事だったのか。

 

僕はお付き合いを始める
美容室経営者さんには、
まず、時間の見直しの話を
行わせてもらっています。

まず、1日の中でやらなければ
ならない事を整理します。

1週間の中でやらなければ
ならない事、
1カ月の中でやらなければ
ならない事、

全部整理します。

 

責任感が強くなればなるほど、
自分で仕事を抱えてしまいます。

でも、仕事をひとつひとつ見ると、
経営者がやるべきでない仕事、
言い換えると、
他のスタッフでもやれる仕事は
山ほどあります。

スタッフ管理、マネジメントにおいて、
最も大切な3つは、

・レコグニション(存在承認)
・デリゲーション(権限移譲)
・コミットメント(やるという意思の確認)

です。

 

自分で仕事を抱える事が
正義だと思ってはいけません。

スタッフの事を考えて下さい。

「オーナーは俺に仕事振ってくれない」
「信用されていないのかな」

となっちゃいます。

 

仕事は、スタッフに振るモノです。

もちろん、業務ごとのタイミングは
ありますが、

仕事を振る時に、
何故その仕事をそのスタッフに振るのか、
という理由をスタッフに明確に伝え、

その仕事を振る際に、
「責任とその仕事の意義、
 その仕事によって得られる成長」
まで、キチンと伝える事が出来れば、

スタッフは納得するどころではなく、
「よし、やるぞ」
となってくれ、
意欲的に働いてくれます。

 

 

ポスティングと言う業務や雑務は
経営者がすべき事ではありません。

そして、スタッフが行った
ポスティングにおいて結果が出たなら、

「○○さんが一生懸命ポスティングを
 やってくれたおかげで、
 今月は○○万円の売上が上がったよ」

「よくやってくれた、ありがとう」
「これからも頼むよ!」

と伝えてあげれば、
「存在承認」になります。

スタッフ自体が、
自分の存在意義を理解してくれ、
「オーナーは僕を頼ってくれている」
と考えてくれます。

そうなると、
より仕事が楽しくなり、
よりお店が活気づきます。

想像出来ますよね。

 

 

経営者と言うのは、
自分がやるべき仕事と、
スタッフに任せて良い仕事を
定期的に見直さなければなりません。

汗をかく仕事と言うのは、
経営者の仕事ではありません。

雑務もそうです。

 

経営者は、一生懸命考え、
今後の取組みを考える仕事です。

「貧乏暇なし」

という言葉は、
ムダな仕事を自分で抱えすぎて、
結局は目先の仕事にとらわれ、

本来目指すべきゴールに向けた
仕事を出来ていない人たちの事を
さしている言葉です。

 

僕は時間を掛けたら出来る仕事でも、
業者さんにお願いしています。

時間を有効に使い、
自分のゴールに最短距離で
進むためです。

お金は後で帰ってきます。
でも、時間は帰ってきません。

 

隣の美容室経営者さんよりも
2倍、時間を有効に使えば、
売上は2倍の差がつきます。

そして、あなたのスタッフさんは、
もっともっと能力を持っています。

成長するのは経営者だけでなく、
スタッフさんにも成長を
求めなければなりません。

なので、仕事は振り分け、
責任と存在を認める事を
おろそかにせず、

1日の限られた時間を
最大限に使う事です。

 

僕はまだまだ理想では無いですが、
常に意識しているのは
時間を有効に使う事で、
今日1日を後悔しない1日に
しようと毎日心がけていますので、
日記をつけています。

 

あなたにも、スタッフにも
まだまだ可能性があります。

その可能性をもっと上げるには、
時間の有効活用です。

スタッフ管理方法を学ぶのは、
あなたの為だけではなく、
スタッフの為でもあります。

 

全部仕事を抱えてはいけません。
スタッフを信じ、任せる事も
とても大切な経営者の仕事です。

スタッフの意見に流されるのではなく、
スタッフを成長させるために、
経営者はスタッフをコントロール
しなければなりません。

経営者の強さが、お店の強さです。

 

では今日も良い1日を!!

 

 

 

関連記事
カテゴリー