ネット広告対策(カンタン) | 美容室高収益仕組み化研究会
2016-06-04

ネット広告対策(カンタン)

毎朝4時位には起きて、
基本的には18時位には
仕事を終える様にしています。

 

誰も自分の管理をしてくれないのと、
朝はメチャクチャ仕事に集中出来ます。

 

人間は起きてすぐが、
最も集中力があるらしく、
夜に向かっていくにつれて
集中力、エネルギーが切れるそうなので、

やるべき事があるなら、
ぜひ朝にやる様にして下さいね。

 

夜は色んな邪魔が
スマホを通して入りますし。。。

(僕はバイブも音も切ってますが)

 

 

で、早朝の通販番組が好きなわたくし。

 

と言うのも、サラリーマン時代に
通販系で販売されている商品を
取り扱ってた事もあるからです。

 

それだけでは無く、
売上アップのヒントがメチャクチャ
たくさん出ています。

 

 

 

美容室の集客において、
ネット広告を活用されている方も
多いと思いますが、

よくある間違いについて。

 

 

店舗の写真なんかを載せるのは
とても良い事ですが、

女性モデルの写真や、
キレイなスタイルの写真、
大抵のネット広告に掲載されています。

 

 

でも、ネット広告において
キレイな髪の写真と言うのは
お客さんはあまり興味を持ちません。

 

何故かというと、

「元々キレイな髪の人なんだろな」

としか見ないからです。

 

 

人がモノを買う、来店する理由と言うのは、

・悩みを解消したい
・なりたい自分になりたい

です。

 

 

となると、
キレイな人を見ても、ピンと来ません。

 

 

ネット広告を見ている人は、

自分と同じ悩みを抱えていて、
その悩みがこんな風に改善されるんだー、

と共感出来る事を示さなければいけません。

 

 

通販番組でも、

ビフォー・アフターはよくやってますよね。

 

テレビでも、
所ジョージのリフォーム番組、
ビフォーアフターもやってます。

 

 

通販番組のビフォーアフターでも、
アメリカ系のモノは少し大げさですが、

日本系の通販番組のビフォーアフターは、
結構リアルに見えます。

 

 

美容室の話に戻すと、

髪が傷んでどうしようも無かった自分が
こんな風にキレイになれました!

というモノがわかれば、
それを見た方は、

「あ、この人は私と同じ髪の傷みから
 こんな風になれたんだ」

と、共感を抱いてくれ、

「私もこんな風になりたい!」と

自分事として見てくれます。

 

 

 

【お客様の声の重要性】

お客様の声と言うのは、
とても軽視されがちです。

逆に言えば、軽視されているのが
とてもありがたいですけどね。

 

ネット広告の口コミが多い美容室は
結構ありますが、

それよりも強烈なのは、
ビフォーアフターの写真です。

 

グチャグチャな髪が
ここまでキレイになったと、

視覚に訴えかける事により、
ダイレクトに伝わります。

 

 

ネット広告では、
意外と、ビフォーアフターの写真が
掲載されている美容室さんは
多くありません。

というか、ほとんどありません。

 

 

集客って、
五感に訴えかける事によって
より反応を取る事が出来ます。

 

キレイな人、キレイな髪よりも、
以前の傷んでいる状態の髪写真と
施術後のキレイな髪写真が出てれば、

より信ぴょう性が増します。

 

 

フェイスブック投稿なら、
時系列と共に上部から消えていきますが、

ネット広告であれば、
ずっと固定されて掲載されます。

 

 

コレを実践した美容室さんで、
縮毛矯正のお客さんが増えたという事も
起こっています。

 

6月は縮毛矯正祭りになるでしょうし、
写真を撮らせてくれるお客さんを見つけ、

ぜひ載せてみて下さい。

 

言葉で伝えられない価値を
写真で伝える事が出来る様になります。

 

ホームページなら、
文字数、写真数を無制限に載せれますし、

ネット広告以外にも応用させてみて下さい。

 

 

今日僕はひとり寂しく、

今後の売上アップの為の仕組みを
事務所でひたすら作っておきます。

目標達成に向け、頑張るでー!

 

 

それでは今日も良い
縮毛矯正フェスティバルを!笑

 

関連記事
カテゴリー