生産性の高い経営者 | 美容室高収益仕組み化研究会
2016-06-06

生産性の高い経営者

僕はバカなので、
バカと言うか、自分が目指している
所にはまだ及んでいないので、

勉強を怠らない様にしています。

 

ま、サッカーをずっとやっていて、
背が高い事もあり、
ヘディングばかりしていたので
本当に頭が弱くなってるかも
しれないですがw

 

 

先日、本を読んでいて、

「おおっ、やはり一流の人は
 わかっているなあ!」

と思わされる事が書いていました。

 

 

将棋の羽生善治さん、ご存じですか。

公文式のコマーシャルに
出ていた様な気がしますが、

頭がよく、それだけではなく、
努力家の方です。

 

将棋で7冠になったという方で、
最近はテレビにはさほど出ませんが、
10年ほど前はよく出ていました。

一時期は無敵の棋士でした。

 

もちろん超一流の方ですが、
その方が言ってた言葉です。

 

—————————————

三流は人の話を聞かない

二流は人の話を聞く

一流の人は話を聞いて実行する

超一流の人は話を聞いて工夫する

羽生善治

—————————————

 

同じ業種の中でも、
大きな成果を上げている人も、
生活に苦しんでいる人もいるのが現状。

 

では何が違うのか。

 

 

料理においても、
どこにでもあるメニューなのに、

高級料理店では、味が違います。

 

プロゴルファーにおいては、
細部の調整が上手く出来る人が
超一流になっています。

 

プロ野球選手でも、
微妙なバットコントロールが出来る人が
首位打者になったりしています。

 

 

商売で上手くいかない時って、
フルモデルチェンジかのごとく、
色んな事を変革しなくては、と
考えがちですが、

世の中の成功者を見ていくと、
マイナーチェンジを繰り返し、
細部の詰めに対して常に調整し、

その結果、大きな成果を上げ、
他の人にはマネされない結果を
生んでいます。

 

 

料理で言う、大味。

商売において、大味で大成した人を
探すのはとても難しいです。

 

 

 

色んなサイト、ブログを見て、

「なるほど!」と思いながら、

思っただけで何もしない人は
8割程いるそうです。

 

いわば、二流の思考です。

 

 

新しい事、情報を聞いている瞬間が
最も心地よい状態であり、

いざ実践となると、

「あー、しんどーい」となり、
何もせずままに終わる、二流。

 

 

「俺はわかっているよ」と考え、
聞いた事、学んだ事を
ナナメからしか見れない人は、

羽生善治の言う、三流です。

 

 

自分に自信過剰になったり、
根拠の無い自信を持つ事は

自分の成長を遅らせてしまいます。

 

 

 

ネット上でも色んなコンテンツを
販売されていますが、

購入したにもかかわらず、
低料金のコンテンツであればあるほど、

実践に移さない人が多いそうです。

 

 

コレは僕自身を振り返っても思うのですが、
お金がパツパツの時、なけなしのお金で買った
コンテンツ、教材と言うのは、

必死こいて、根こそぎ学んでやろうと
一生懸命勉強し、実践しました。

 

苦しんでいる時ほど、
実行力も高く、学びも早いモノ。

逆に、買ったのに勉強しないのは、
自分の目標を見失っている時です。

 

 

 

素直さ、
自分の弱点を客観視できる思考は、
一流以上になれる要素でもあり、

まずは一流として実践を繰り返し、
その後、創意工夫、マイナーチェンジをし、

超一流になれる道があります。

 

 

成功している人が
とても頭が良いかと言うと、

パッと見では、バカな人が多い様にも
思います。

 

結果を出す人は、行動力があります。

 

 

都合の良い情報だけを取り、
何でも知っているつもりになってしまい、
結局のところ、何も実行しない。

 

もし周りにこんな方がいるなら、
引っ張られない様にして下さい。

 

自分が目指すゴールに向かい、
同じ位一生懸命な方とのみ付き合うのが

前のブログで書いた
「マスターマインド」というモノです。

(マスターマインドとは、
 付き合っている仲間5人の平均収入が
 あなたの収入になるというモノです)

 

 

バカになって行動する事が一流への道ですが、

逆に、賢そうに振る舞おうとしていると、
一流から遠ざかります。

 

 

まずやってみて、
1回で結果を判断せず、追及を繰り返し、

より大きな結果を出していく人が
超一流です。

 

 

入り口は、まずやる、という事です。

 

実行すべき事、やってますか?

 

 

と言う事で、
僕はこれからセミナー開催に
行って参ります。

 

 

今日も良い1日にして下さいね!

 

 

 

 

 

関連記事
カテゴリー