野良猫が失客復活! | 美容室高収益仕組み化研究会
2016-06-08

野良猫が失客復活!

もう2カ月位前の話ですが、

継続的に取組みをしている
美容室さんと、

来月の取組みについての話を
していた時です。

 

僕と店長で話をしている時、
ふと、店の前に野良猫が
トコトコ歩いていました。

ソフトバンクのCMに出て来る様な
模様の、茶色と白の野良猫。

 

 

「店長、アレ使いましょ!」

という事で、
失客のお客さんに向けて、

野良猫を使ったDMを出しました。

 

訳わからないでしょ。

 

 

ザクッと言うと、

「オレはお腹が減ってるんだ。
 でもあなたが来てくれないから、

 ここの美容室のスタッフの機嫌が
 良くなくて、
 俺にエサをくれないんだ。

 あなたが来てくれたら
 スタッフの機嫌も良くなるし、

 そうしたら俺もスタッフから
 エサもらえるから、
 頼むから来てくれよ」

 

と、

あたかも野良猫が話している様に
メッセージを作り、
DMを出しました。

 

 

結果はどうだったかと言うと、

DMを出した失客リスト100名のうち、
11名が帰ってきてくれました。

 

理由、わからないでしょ。

でも、これが結果なのです。

 

 

 

お客さんと言うのは、
ありきたりな広告や案内は、

「見慣れている」ので、

あえて、見ようとしません。

 

 

また美容室の広告かー、
また通販のチラシかー。

 

送っても、秒殺でゴミ箱行きです。

 

 

プロだから、プロとしての案内を
出さなければならない、

と考えるのは、間違いです。

 

 

人、お客さんは日頃、
ストレスの中で生活をしています。

 

家に帰ってきて、
「あー、今日も疲れたー」となり、

ポストに大量に入っていた広告物を
1つずつ、ゆっくり見る事なんて
まあ、あり得ません。

 

あなたの生活に置き換えると
すぐにわかるはずです。

 

 

ピザ屋のオリコミ、
謎の不動産の広告、、、

仕事を終え、家に帰ると、
ポストに色々入っているでしょう。

 

普通の広告がポストに入っていて、
面白いでしょうか。

見ようと思いますか?

 

 

このDMを出そうと僕が言ったら、
店長はもちろん、躊躇(ちゅうちょ)
しました。

 

でも、

「一回やってみましょうか!」となり、

いざ実施した結果が、約10%戻りです。

 

 

 

人は【意外性】のあるモノには注視し、
読み込んでくれます。

 

 

人を軽蔑したりとか、
人間としてやってはいけない事以外なら、
やってみるべきです。

 

そして意外性のあるアイデアなら、
少しトライして、テストを繰り返す事です。

 

 

ネット広告なんかでも、

広告タイトルに

「髪をキレイにしたい方へ」
なんかのメッセージは、普通です。

 

それより、

「うわー、今日も髪がまとまらない!」

と書いている方が、反応が取れるかも
しれません。

 

 

売上を上げる仕組みって、
最終的には、テストの繰り返しです。

 

絶対にこうだ!という事はありませんし、

ある程度の理論はあったとしても、
あくまで理論であり、

やってみない事にはわかりません。

 

結果は理論を上回ります。

 

 

出した広告が良いかどうかを決めるのは

常にお客さんです。

 

 

プロがやってしまうのは、

「ウチは~だから」とか、
「コレはウチっぽくないから」とか、

ウチは、という発言を
気付かぬウチにしてしまってる事です。

 

やる前に考えず、
まずやってみる事。

 

野良猫でも1割帰ってきました。

 

 

その他、僕が付き合いをしている
美容室経営者さんは、

手書きでゾウさんの絵を書き、
DMを送ったら、来店してくれたと
言ってました。

 

汚くて、上手くない絵であっても、
美容室に関係ない手紙であっても、
反応してくれます。

 

 

お客さんは、
エンターテインメントも
求めています

 

 

意外性のあるメッセージは、
お客さんの注目を集めます。

 

ぜひトライしてみて下さいね。

 

では今日も良い1日を!!

 

関連記事
カテゴリー