結果、行動、思考を変える方法 | 美容室高収益仕組み化研究会
2016-06-23

結果、行動、思考を変える方法

元々僕はとても寂しがりで、

夜になると誰かしらに
常に連絡を取ってました。
(そんな風貌ではないですがw)

 

 

でも今は事務所で1人で仕事。

もちろんお客さんのところに
出かける事がありますが、

基本は1人で仕事しています。

 

1人なら寂しくて当然ですが、
慣れれば強くなるモンだなと
改めて感じています。

 

 

商売をするにおいては、
自己管理がとても重要です。

でも、意外と軽んじて
見られています。

 

 

どの業種・業界においても
深く考えることなく、

小手先のやり方を少し変え、
大きな結果を求めようとする思考は
存在していますが、

こんな取り組みは、
ハッキリ言って、イタチごっこです。

ずっと働きっぱなし状態になります。

 

 

そうではなく、
長期的に収益を上げていくために

自分自身の行動や思考、結果が
望むとおりに伴っていないときに
行うべき、

とてもカンタンな方法を
ご紹介しようと思います。

 

僕自身も、
計画どおりに結果が
出ていないなーとなった時には
良くコレを行います。

 

 

少ししんどい事ですが、
自分を見つめなおすにはかなり強烈な
やり方です。

でもカンタンです。

 

 

まず、あ、
例えば、の方がいいですね。

 

もし今、売り上げ目標に対して
足りていない状態であれば、

「なぜ、売上が低いんだろう」

と、紙に書きます。

これが1つ目の自分への質問です。

 

ココで最も重要な事は、
書くという事です。

 

そして、
何故売上が低いのか、に対し、

2つ目の自問自答を行います。

 

その答えには、
・集客方法が1つしかないから
・紹介に依存しているから
・客単価を上げる取組みをしてないから
・来店頻度が昨年より伸びたから

などなど、

色んな答えが出ると思います。
これもキチンと書いていきます。

 

そして、2つ目の自問自答質問で
出た答えに対し、

3つ目の自問自答質問を行います。

 

「なぜ~だろうか」

って感じです。

 

(ここで少し辛くなってきます。

自分に向き合う事って、
なかなか慣れていないからです。)

 

そうすると、起こっている結果に対し、
その背景が見えてきます。

 

 

そして3つ目の自問自答をして
出てきた結果に対し、

4つ目の自問自答質問を行います。

「なぜ~なのか」って感じです。

 

 

と言うのを、5回繰り返します。

全て紙に書きます。

 

 

すると、ある程度の答えと言うか、
今不足している行動、
不足している思考なんかが

明確になってきます。

 

この様な事を定期的に行うと、

商売人であるあなたの今の
行動、思考で欠けている事が
見えてきます。

 

後はその欠けている事を
埋めていくための行動、思考を
やっていくという事です。

 

 

難しいー、面倒くさいー、と

誰もが思うでしょう。

 

 

でも商売をしている時って、
目先の事ばかりを見てしまい、

半年先、1年、3年先の行動まで
落とし込んで考える事が

なかなか出来なくなるものです。

 

 

なんかメンタル的、自己啓発的な話に
なってしまいましたが、

自分を逆の側面から見る事が出来、

客観的に自分の行動を見つめ直す事が
出来る方法です。

 

 

商売は、いかに追及するかだと
僕は考えています。

一発逆転なんかで
長く繁栄している人は
ほとんど見たことがありません。

 

 

販売促進を微調整するよりも、

根本的な所に大きな原因が
あるのが大抵のケースです。

 

1時間、自分のために
これをやってみる時間を
一度取ってみて下さい。

 

必ず良いヒントは出ます。

 

まあ、こんな事を
1人事務所でやってるのって、

周りの人は気持ち悪く
思うかもしれませんけどね笑

 

 

昨日までと同じ行動なら、
昨日までと同じ結果しか
得られません。

 

ぜひ一度やってみて下さい。

 

 

関連記事
カテゴリー