利益率を上げる1つの手法 | 美容室高収益仕組み化研究会
2016-07-16

利益率を上げる1つの手法

1940年代のお話。

 

アメリカのある家族に少女がいて、

今日で9歳になりました。

 

お父さんが、その少女の
お誕生日プレゼントのために
小さな馬を買ってあげようと、

馬を販売している馬小屋に行きました。

 

 

最初に行った馬小屋では、

仔馬が1頭500ドル。

 

「ウチは一般的な価格よりも
 安くしていますよ」

と馬主さんの発言。

 

 

当時の仔馬の平均相場は600ドル。

確かに、平均よりも安い。

 

 

でも実は馬というのは、
人との相性がとても大切で、

しばらく乗ってみなければ
相性が合うかどうかが
分かりません。

 

相性が合っていなければ、
乗る事自体さえも難しくなります。

 

 

そんな事もあり、

「考えてみます」と、

その場を去りました。

 

 

 

そしてまた別の馬小屋に。

 

するとそこでは、

仔馬が1頭900ドル。

 

相場よりも高い。

 

しかしそこで、
馬主さんが迷っているお父さんに、

 

「1週間、この仔馬をお貸しします」

「相性が合わないなら、
 返してもらっても結構です。」

「もちろん、お金は要りません」

 

と。

 

 

そして父と少女は
この馬を家に連れて帰り、

1週間ほど試してみる事にしました。

 

 

すると、

相性もとてもよく、
言う事もキチンと聞いてくれ、

その少女もとても喜びました。

 

 

そしてこの父と少女は、

この900ドルという、
高い方の馬を買いました。

 

 

———————————————–

これがお試し販売の
基本的な考え方です。

 

この900ドルの馬主さんは、

もし馬がそのまま帰ってきたら
利益はゼロ。

それどころか、

貴重な仔馬の1週間。

仔馬というのは、販売タイミングで
値段も変化させなければ
なりません。

 

 

この馬主さんが行ったのは、

「ウチがリスクを被ります」

という方法。

 

 

でもその結果、

相場の600ドルよりも
300ドル高く販売出来ました。

 

 

 

この馬主さんは、

お客さんの事を徹底的に

「リサーチ」

していたのです。

 

 

「相性が合わないなら
 使い物にならない」

「お客さんが買う時の
 障壁は何なのか」

 

これを明確にしたうえで、

お試し1週間という期間を
設定するという販売方法を
取りました。

 

 

顧客のニーズにマッチした
販売方法です。

 

 

 

商品によっては、

お試し価格販売よりも、
よく通販なんかで見るような

「役に立たないなら全額返金」

という手法も、
美容室にも導入出来るはずです。

 

 

お試し価格って、

興味が無いなら買いません。

 

でも、

「これ絶対に○○サンにはいいですよ!」

「ダメならお金返しますから、
 一度使ってみて下さい」

「本当にダメなら言ってくださいね」

とまで言い切られる方が、

商品の価値を感じませんか?

 

 

お試し価格設定もいいですが、

この様な販売手法も持っておくと、
利益の幅を広げる事も出来ます。

 

 

色々応用出来るはずです。

 

いつものカラーよりも
1ランクグレードアップの
カラーをやってもらい、

「仕上がりに満足しなかったら、
 いつものカラーの料金でも結構です」

 

なんかも、1つですよね。

 

 

収益を上げるには、

色んなやり方を試してみる事です。

 

 

毎日同じ様に仕事していると、

ワンパターンになりがちな所も
必ずあります。

 

 

今の勧め方、

少し方法を変えてみるのも
収益アップのヒントにも

なるかもしれません。

 

 

という事で、

今日も何か新しい取り組みを
小さな事でもいいので、

ぜひ試してくださいね!!

 

ではっ!!

 

 

 

 

関連記事
カテゴリー