【美容室】大抵の問題点は「足もと」 | 美容室高収益仕組み化研究会
2016-07-18

【美容室】大抵の問題点は「足もと」

 

1週間ほど前、
実家に帰って両親と話しました。

ガンコで、人の話を全く聞かない父。

 

 

そして昨日、母親から電話が。

「あんた、お父さんと電話変わるから
 ちょっと話をして!!」

との事。

「何かあったんかな?」と。。。

 

 

そして、

父「おい、お前、
  最近いつコッチに来た?」

リ「1週間ほど前やで」

父「ワシと話をしたか?」

リ「したよ、ちゃんと」

父「ウソ言うなよ。
  お前の事見てないぞ」

リ「いやいや、話したって」

父「何の話をした?」

リ「・・・」

 

 

来月で70なのですが、
頑固で、人付き合いも無い父。

休みは常に一人で過ごす。

 

ボケの始まりかもしれません。

 

母親が、

「もうたまらんわ!」と
言ってました。

 

まあ、健康なら良いですし、

以前いた関東に住んでたら、
何かあってもすぐ実家にも
行けなかったし、今は安心です。

 

 

 

ハゲ家系でもあり、
ボケ家系でもある林田家。

 

メルマガが数日来なくなったら、
ハゲてボケたと思っておいて下さいw

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

話は変わりまして、

今また新しい本を読んでいます。

 

USJを立て直した

森岡毅さん。

 

 

チョット複雑ですが、
読む価値はあります。

 

 

僕がサラリーマンだった時の同僚で、

この森岡さんと同じ職場で
働いていた方がいて、

その方から聞いたのですが、
彼はとにかく努力家だと言う事。

 

 

一見、彼を天才に思うかもしれませんが、

実は過去には、
大きな失敗もしています。

 

彼の本にも書いています。

 

失敗する可能性がグンと減り、
今となっては、

手掛ける事はほぼ良い結果に。

 

 

 

収益を上げていくには、

方法は大きく2つしかありません。

 

・打席に立つ回数を増やす事

・打率を上げる事

 

この2つです。

 

 

打席に立つ回数を増やす
=行動量

です。

 

具体的に言うと、

客数を増やしたり、
顧客に勧める回数を増やす、

って言う感じです。

 

でも、
営業日数は限られています。

 

となると、1日パンパンになると
それ以上打席に立つ回数を

増やす事が出来ません。

 

 

一方、

「打率を上げる」という方法は、

意外と無視されています。

 

 

打率を上げる、というのは、

・広告の反応率を上げる
・接客での成約率を上げる

という事。

 

 

「今度はこんな感じで
 バットを振ってみようかな」

と、

根拠なくやり方を変えても、

結果が出るかどうかわからず、
しかも、継続性はありません。

 

 

営業時間内での接客は、

いわば試合です。

 

お客さんと接するのは、
当たり前の話ですが、
常に本番。

 

 

練習無くして、
打率は上げられません。

 

 

 

僕が勉強を辞めずに続けてるのは、

限られた時間内で
成果をもっと上げていく為に

常に打率を上げていく為でしか
ありません。

 

 

USJの森岡さんも、

打率を上げる事に特化し続け、

大きな成果を上げる事と、
失敗の確率をグンと下げる事を

やり続けています。

 

 

 

売上を上げるには、

・プラン
・行動の量
・行動の質

この3つです。

 

そして、
限られた時間内で成果を変革するには、

行動の質、いわば打率を
上げる事。

 

 

 

何気ない感じで、
日ごろ話している接客方法。

数か月前と変わらない
店舗のレイアウト。

 

 

こんな所って、
いわば打率を上げる事が

たくさん含まれています。

 

 

 

先日も、とある店長から
相談されました。

 

「スタッフのOさん、
 店販も全然売れないんです」

 

そして店長に質問。

「Oさんの接客で話している事は
 どんな事で、
 どの様に話していますか?」

 

店長さんは、

Oさんの接客での会話内容を
明確に理解していませんでした。

 

 

「アイツは売らない」

のではなく、

「彼の接客のどこに問題があるか」

を知る事が大前提です。

 

 

毎日見ていると、

意外とこの様な細部を
意識しないモノです。

 

 

 

打率を上げるには、

今の打ち方のどこに問題があるか
明確に理解する事。

 

 

 

そして、

毎日のルーティンの様に、

 

【何となく今までと同様に行っている事】

に改善ポイントがあるモノです。

 

 

今日はユルユルな話ですが、
お休みの方も多いと思うので、

 

ゆる~く読めるメルマガに
してみました。

 

 

「今度はこの様に試してみよう」

の前に、

「どこに問題があるか」という、

いわゆる、ボトルネックを探す事が
収益アップのポイントです。

 

 

ではっ!!
ジュワッ!!(ウルトラマン風)

 

 

—————————————————–
ちなみに女性は、

「細部」を見ています。

特に靴なんかはお手入れを
コマメにしておく必要があります。

 

適度にきれいにしましょう!!

 

関連記事
カテゴリー