【美容室】完璧主義は大損!! | 美容室高収益仕組み化研究会
2016-07-24

【美容室】完璧主義は大損!!

最近仕事が終わるのが遅く、

昨日はソファの上で足を延ばし、
ひざにPCを置いたまま寝ていた様で、

寝相がとても良かったのか、
キチンとひざの上にPCを置いたまま
置きました。

 

自分の新しい才能を発見しましたw

 

 

ところで、健康診断行ってますか?

 

土曜の朝に行ったのですが、
ダイエットの効果もあり
体重も去年と同様でした。

 

自営業者は健康管理が一番ですし、
しばらく行ってないなら
ぜひ行って下さいね。

 

 

—————————————————————-

という事で今日のお話ですが、

「完璧主義は損だらけ」

について。

 

 

完璧主義って、
聞こえがとても良く、

とても良い習慣の様に聞こえます。

 

 

会社に勤めているサラリーマンなら
これでも良い事もあるかもしれませんが、

私たち自営業者は、

完璧主義になるべきではありません。

 

 

 

・スタッフに何か伝える時
・広告を出す時
・接客においての伝え方
・ブログ、メルマガのメッセージ

等々をする時って、

「これでいいのかな」

と考えてしまう事もあるモノです。

 

 

常に上を目指している経営者なら、

自分の今の姿が100点満点と
思っている人はいません。

 

逆に今、俺は100点だと思ってるなら
それ以上成長しませんし。

 

 

一般的には、

・狙いを定め
・構えて
・撃つ!

 

これが普通の考えです。

 

 

でもこの流れで仕事をすると、

「経営者の大切な時間のロス」

 

が生まれてしまいます。

 

 

私が尊敬する、大成功者の方が、

この様な事を心がけています。

 

それは、

・狙え!
・撃て!
・構え!

という順番。

 

 

これは何を意味してるかというと、

今すぐ完璧を目指すのではなく、

まずやってみる、

という事です。

 

 

100点満点中、80点位まで…

というのも、実は時間のロスです。

 

 

成功している人たちって、

100点中、30点位でも
まず「撃つ」という作業を

行っています。

 

 

なぜこの様に考えるべきなのでしょうか。

 

 

それは、

発信する言葉、メッセージは
他者にするのに、

 

頭の中の考えは、

「自分軸」で

モノを考えている、
という事です。

 

 

実際、どんな事においても

100点満点というものは
ありません。

 

 

言い換えると、
自分の頭の中で30点のモノでも、

お客さんは90点と判断するかも
しれないという事です。

 

 

となると、

まず世の中に解き放ってみて、

対象であるお客さんの反応を見て
その上で検証し、改善をしていく、

という事が必要です。

 

 

当たり前の話に聞こえますが、

完璧主義者になると
そのサイクルがムチャクチャ遅くなり、

人の倍以上の時間を掛けてしまいます。

 

 

ある程度の仮説を立て、
ある程度の準備が出来れば、

まずやってみる事。

 

 

やってみた上で、
その結果を見て、

「構え!」を

後からすればいいだけです。

 

 

経営者に大切なのは、

時間、です。

 

 

その時間を有効に使うなら、

知識・技術を頭の中だけで
持ってしまっている
ノウハウコレクター状態では

何も進まないという事です。

 

 

結果を判断してくれるのは
自分自身ではなく、

対象であるお客さんです。

 

 

 

「そろそろやらなくちゃ」

と思っているまま、
まったく手掛けられていない事が
あるなら、

まず発射してみましょう。

 

 

・狙え
・撃て
・構え

この思考は、

経営者であるあなたの成長を
加速させます。

 

 

僕も迷う時も多々あるし、

多少の間違いは気にせず、
まず発射する、ということを
意識しています。

 

結果、間違いだらけですが、

主要な間違いでなければOKと
自分に言い聞かせています。

 

 

活動した結果の点数を
付けてくれるのは、

自分自身ではなく、対象者である
お客さんです。

 

対象者以外の競合や業者、
いわば、反応してくれる必要のない
方の否定意見なんかも

聞く必要はありません。

 

そもそも、
対象者じゃない訳ですから。

 

なので、
プロ同士の意見交換というのは

あまり意味を成しません。

 

 

 

構えたまんまの作業があるなら、

まず、撃ってみてくださいね。

 

 

では今日も良い1日を!!

 

 

 

関連記事
カテゴリー