【美容室】正しい販促のやり方 | 美容室高収益仕組み化研究会
2016-07-28

【美容室】正しい販促のやり方

今とあるコンサルタントの方に
お世話になっているのですが、

元々だらしない僕にはピッタリで、

 

・今日何をどれだけするのか(数値化して)
・昨日の成果はどうだったのか
・昨日の気付きポイント

という事を毎朝送り、

その上で一日が始まっています。

 

 

その行動をするのは何故なの?

 

という質問も返されるのですが、
この質問をされる事により、

自分が間違えた行動をしてないか、
間違えた思考をしていないか、
自分に甘い行動をしてないか、

という事が明確になってきます。

 

 

自分に甘くなったり、
やらなくちゃ、という事を先送りに
してしまったり、という事を

完全に亡くすのは無理でも、
精度を上げていく事は出来ますし、

もっと上を目指そうと思います!

 

 

————————————————————

これを読んでくれている方は、

「もっと売上を伸ばさなくては」

と思ってるんだと思います。

 

 

現状の売上というのは、

いわば今までの販促の結果の
積み重ねです。

 

 

販促って無駄撃ちしたくない
と思うのは当然です。

 

美容室と言っても
色々とあります。

 

・販促をやっている店/やってない店
・販促を継続的にしている店
・販促を思い付きでしている店
・販促の量が十分/不十分な店

 

もちろん販促をしなければ
収益を上げる事は出来ません。

 

ただこの様な作業でも、

絶対にすべき事は「数値化」です。

 

 

「今月はネット集客で30名来てくれた」

というのはやってるでしょうけど、

 

「ホームページでも結構来てくれた」と、

主要ではない集客法において、
数値化していない事は多々あります。

 

 

 

掛かったコスト、顧客獲得数、
タイミングが適切だったかどうか、と

全てを「数値化」する事です。

 

 

 

「前にこんなチラシやって
 結果が良かったから
 またやってみようかな」

 

この様な思考をもって
販促を行ってはいけません。

 

数値化されていないからです。

 

 

DMにおいても、
何枚出して何人反応してくれたのか、

というものをデータ化し、

・提案条件
・対象のお客さん
・提案の見せ方

という風に細分化し、

 

1回やってみたものの結果が
良くないなら、

上記3つのいずれかを変え、
検証、改善を続け、

継続してやる事です。

 

 

「地域雑誌で結構、
 来てくれるようになった」

というのも、感覚的です。

 

現在のホームページで
今月は新規何名来店か、
先月はどうだったのか、
というのを常に出し、

改善作業をひたすら行う事です。

 

 

ホームページはこんなモンだな、

ホットペッパービューティは
こんなモンだな、

チラシはこんなモンだな、と、

 

自分自身で勝手に限界値を
設定しない事です。

 

 

実際、たかがハガキのDMで、

既存顧客に送り、
反応率20%強のDMもあれば、
反応率が3%程度のDMも

あります。

 

同じ媒体にも関わらず、
7倍近い結果が違っています。

 

 

 

ホットペッパービューティでも、
地域で一番安いプランで加盟してて、

上から二番目プランで加盟している
美容室と同じ位の集客を

行っている所もあります。

 

 

全てにおいて言えるのは、

探求心を持ち続ける事です。

 

 

売上を上げたい、ではなく、

2016年の売上を○○万にし、
その為の計画も具体化し、

それに向けて活動する事です。

 

 

活動を数値化しておけば、
振り返った時にも、良い結果を
再現する事が出来るようになります。

 

 

 

新規顧客を30人集めたいとすると、

今までのチラシが
5000部で6人来てくれてるなら、

この5倍の25000部を配布すれば
30人の新規顧客獲得が
出来る様になるという事です。

 

 

これから行う販促については、

ぜひ数値化しておいてください。

 

その時使った販促物は、
必ず保管しておく事です。

 

 

そして、

・広告媒体が正しかったかどうか
・対象顧客が正しかったかどうか
・広告の作り方が正しかったかどうか

 

無料動画セミナーでお話した

「3M」の改善、検証です。

 

 

DMの反応率が5%だった美容室さん、

DMのメッセージを変えただけで
反応が3倍以上になりました。

 

 

例えば今月の新規集客、

・ネット集客から  ○名
・ホームページから ○名
・販促○○から   ○名

と出し、

・DMのAパターン ○名/○○
・DMのBパターン ○名/○○

とキチンと細分化し、
全部データ化する事が重要です。

 

 

 

「新しい集客方法ないかなあ」とか、
「もう1個高いプランにしようかな」

とぼんやりと考えるのではなく、

 

この先5年~10年使える、
データを集める事が大切です。

 

 

 

そしてもう一つは、
古き良きものに目を向けて下さい。

 

 

ポケモンGOなんかも、
ブームなのか、トレンドなのか、

どちらかはまだわかりません。

 

 

新しい集客ツールも、
一時的なモノなのかどうなのか、

まったくわかりません。

 

 

しばらく使えそうな販促物の
改善作業を忘れないで下さいね。

 

 

では今日も良い1日をお過ごし下さい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事
カテゴリー