【美容室】集客より大切なモノ | 美容室高収益仕組み化研究会
2016-08-12

【美容室】集客より大切なモノ

 

今日はゆる目なお話です。

 

 

一昨日の午後から、

コンサルティング養成塾という
セッションに参加してきました。

 

もっと価値を提供できる人間に
なってやろう、

という気持ちで参加しています。

 

 

他の参加者の方を見ても、
自分はまだまだだなあと
思わされる、意欲の高いグループです。

 

 

 

中身を全て言うと怒られますが、

そのセッションの最初に行った事が
改めて色々と学ぶキッカケになりました。

 

 

 

 

最初にやった事というのは、
カンタンに言うと、

「褒め合う」という事。

 

 

自分以外の参加者に対し、
ただ言うだけではなく、

その方々の良い部分を
紙に書いて、その本人に渡す

というモノ。

 

 

 

日頃人から褒められる事が無い
自営業者さんには、

この様な機会はとても良いモノでした。

 

 

 

ノリが軽く、
言い換えると単純でアホな僕ですが、

誉められる事によって
自分の強みへの新たな気付きを

得る事が出来ました。

 

「へぇ~、こういう風に見えるんだ」
「ココは自信を持っていいんだ」
「コレが自分の強みなんだ」

という感覚になれました。

 

 

自分の強みって、
本当に自分では分からないモノ。

 

 

 

でもこれって、

経営者だけの話ではありません。

 

 

 

僕はサラリーマンの時、

最大で12名の部下を
持った機会もありました。

 

まあ、苦しむのは確定です。

 

 

 

部下と会話をしても、

心が通い合っている感覚が
ほとんど無い・・・

 

 

「ハイ、わかりました」と
回答はしてくれるモノの、

分かってくれている感覚は
全くない状態でした。

 

 

まあ、そりゃそうですよね。

当時の僕は、
怒ってばかりでしたから。

部下の子は、
耳も心もシャットダウン状態です。

 

 

 

そんなこんなで
部下の管理方法をあれやこれやと
学びました。

 

 

まず、自分が行っている
部下への接し方が

完全に間違っているモノだと
理解し、

自分の間違いを受け入れました。

 

 

部下との接し方を
180度変えました。

 

今までの部下への接し方を
全て捨てました。

 

そして、誉める機会を
最初は意識的に多く取りました。

 

まず僕が学んだ事は、

「人という個人は、
 強みをより強くする方が
 より強くなる」

という事。

 

 

それを知った僕は、

まず部下の強みを「言葉」で

ストレートに伝える事を
意識しました。

 

 

コレを繰り返していると、
部下との心の開きが縮まって来て、

今まで部下が僕に聞いてこない様な事を
聞いてくる様になりました。

 

 

僕にとっては、
部下の管理に大きな変化を
もたらした瞬間でした。

 

 

もちろん、
誉めるばかりでは人は成長しません。

 

怒り方というのもありますが、

まずは認めてあげる事。

 

 

その重要性を
改めて感じた1日でした。

 

 

僕は色んな経営者さんと
お付き合いをさせてもらってますが、

 

絶対と言っても間違いないのは、

部下、スタッフに
自分の想いが伝わらないという悩みを
持ってない経営者はいない、

という事です。

 

 

集客方法なども大切ですが、

客単価を上げたり、
来店頻度を上げたりするのは、

人が関与しないと出来ないですよね。

 

 

スタッフはお店の最大の財産。

 

育てるも放置するも
経営者次第です。

 

 

スタッフとのやり取りに
悩んでいて、

どうしたらいいのか分からないなら、

メールでもご相談下さい。

 

 

個別に回答できるかどうか
分かりませんが、

僕が学んできたことで
何らかの形で
お答え出来るようにします。

 

 

まもなくお盆休みに
入る美容室さんもあると思いますが、

色々と見直す、考え直す
良い時間になればいいですね。

 

では今日も良い1日をお過ごし下さい。

 

 

 

 

関連記事
カテゴリー