【美容室】フロントエンド商品 | 美容室高収益仕組み化研究会
2016-09-14

【美容室】フロントエンド商品

 

※昨日学んだ事

 

「ごはんとパンでは、
 パンの方が糖の吸収率が断然高いので、
 ダイエットしたいなら、
 パンよりもごはんが良い」

 

by 血糖値の権威より

 

 

栄養に無頓着なわたくし。

 

自分の中の常識が
覆されました。。。

 

仕事に関係の無い、
ショーもない出だしの話で
すみません。。。

 

 

ダイエットを考えている方で、
知らない方は是非取り入れて下さいね。

 

 

————————————————————–

 

 

僕は電車が嫌いなので、

関西圏を移動するときは
99%車で移動します。

 

 

その事もあり、
昼ご飯はコンビニで買う事が
ほとんどです。

 

ご飯はもちろんの事、

トイレに行きたくなっても

「コンビニどこかなぁ~」と

コンビニを探します。

 

 

【隠されたコンビニの収益モデル】

僕のブログを読んでいる方は、

何らかの形で、マーケティングについて
学ばれている方が多そうです。

 

なので、他業種が行っている
マーケティングについて。

 

 

 

コンビニ。

 

コンビニって、
トイレがとてもキレイですよね。

 

そしてあのトイレは、
見込み客集めになってます。

 

 

美容室に例えると、
「新規の方○○%OFF」の様な

お客さんの入り口のハードルを
低めに設定し、

入り口、間口を広げ、
今後の収益商品へと繋げる切り口です。

 

 

コンビニの話に戻ると、

・見込み客(買うかどうか不明)集め
・フロントエンド(集客商品)販売
・バックエンド(収益商品)販売

という、

マーケティングを実践しています。

 

 

最も大切なのは、
どの業種であっても、見込み客集め。

 

コンビニは「トイレ」を活用し、

「買ってくれるかもしれないお客さん」
=「見込み客」を集客しています。

 

 

綺麗なトイレ。

トイレを利用すると、

「トイレだけなら申し訳ないな」

と思う何割かのお客さんが、
お茶などの飲み物や軽食などを
買って帰ります。

(心理学上では「返報性」と言います)

 

 

何となくのトイレではなく、
トイレという、他のお店では
考えられない武器に換え、

集客活動を行っています。

 

ま、これに気付かないコンビニは
トイレが汚いまんまだったり、

「許可なく使うな」の様な張り紙を
トイレ前に貼ったりしています。

 

 

一度、小さな「YES」を取り付けると、
人は再び「YES」と反応しやすくなります。

 

 

コンビニの話をしたいのではなく、

このお話には、
収益のヒントを得る内容が
かなり隠されています。

 

 

新規顧客でなくても、
既存のお客さんの客単価も

きっと上げたいでしょう。

 

高価なカラー、パーマなど。

 

コッチからキッカケ提供しないと
なかなかやってくれませんよね。

 

 

既存のお客さんにおいても
フロントエンドが必要となります。

 

まず、試す機会。
定価で試してくれないなら、

お試し価格を設定して、
定価オーダーにつなげる。

 

 

よく思われがちなのは、

新規顧客だけに特典を付ける
という事。

 

 

それだけではなく、
既存のお客さんの価値を上げる為に
お試し機会を設ける事が、

客単価アップへの道となります。

 

 

美容室さんのサービスは、
言い換えると

「ほぼ継続課金ビジネス」。

 

一度、二度のお試し機会をしても
十分に元が取れます。

 

 

当たり前の話に聞こえますが、
もしあなたの美容室において

ほとんど動かないメニューがあるなら、
この様なお試し機会を設定する事で

新たなお客さんが価値を見出して
くれるかもしれません。

 

 

そして、割引というのは

「価値を落とすモノ」ではなく、

「価値を感じてもらう機会」。

 

 

既存のお客さんであれば、
それはすぐに理解してくれます。

 

僕の美容室のお客さんで、

高単価のカラーを行っているお店で
ほとんど出ない状況でした。

 

そして、
通常価格より○○○○円アップで

お試しの機会を作りました。

「これ、いいですねぇ~」となり、

少しずつ定価での販売に向けて
活動されていて、

客単価が上がりつつあります。

 

 

何でもそうですが、
問題を放置していると、問題のまま。

 

 

期待通りに動いてないメニューは、
何らかのアクションが必要です。

行動をする事によって、
その価値の打ち出し方が
見えてきます。

 

 

という事で、
コンビニの話から無理やり
美容室の話になりましたが、

他業種の何気ない取り組みにも
色んなヒントがありますよ、

というお話でした。

 

 

今日もコンビニのトイレを借り、
僕も頑張ります!!

 

 

あなたにとっても
良い1日であります様に。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【美容室経営者さん限定】
7回の無料動画セミナーで
集客法、収益アップ法をまだ学んでない方は
コチラ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連記事
カテゴリー