【美容室】ペルソナ設定方法 | 美容室高収益仕組み化研究会
2016-10-11

【美容室】ペルソナ設定方法

 

横浜のスタバにて、、、

 

スタバではやたらに
パソコン開いて仕事を
している人が多い。。。

 

地元和歌山には
スタバは5件ほどしかなく、

来店すると、
ヤンキー上がりの主婦っぽい方が
友達とお茶飲んでることが多くw

仕事場には適してません。

 

以前にも和歌山のスタバで
パソコン開いて仕事してると、

ヤンキー出身風主婦2人が
男のダメ出しを大声で
話していました。。。

 

隣で座っている事に
耐えられなくなり、退店w

 

 

場所が変われば、
同じお店でも客層が全然違いますね。

 

ワゴンRの様な軽がやたら多い事、
ヤンキー出身主婦さんが多い事は

田舎だからなのだろうか、
和歌山だからなのだろうか…

 

 

 

————————————————–

 

 

マーケティングを学ぶ時、

【ペルソナ】という言葉は

必ず出てきます。

 

 

ペルソナを知らない方の為に
カンタンに説明すると、

あなたが提供する技術、サービスを
受ける理想的な顧客像を明確にし、

その様な方々にメッセージを
発信する事で、

理想的な顧客を獲得していく
という、いわば集客の核です。

 

・年齢
・日常生活
・日々のお悩み
・どんなものに興味があるか
・どんな店に行ってるか
・どんな友達と接してるか
・いつも思ってる事
・思い込み

などなど、

ペルソナを決定するには
様々な要素が必要です。

 

 

ペルソナを決めると、
理想的なお客さんを呼ぶ事が
出来る様になってきますし、

理想的な美容室経営の
第一歩としては重要です。

 

 

重要なのは、
思いついた事を書き出す事ですが、

それ以前に、
ペルソナを決められないという事は
多くの経営者さんが持たれています。

 

 

今日はペルソナを考える時に
カンタンにできる方法をご紹介します。

 

 

誰でも、

「嫌いな人」
「嫌いな人のパターン」って

すぐに思い浮かぶと思います。

 

でも、
好きな人、
好きな人のパターンというのは

なかなか言えないモノ。

 

 

これがペルソナを作る時の
思考の邪魔になります。

 

 

半分答えを言っちゃいましたが、

ペルソナをカンタンに設定するには

「嫌いな人、付き合いたくない顧客像」

を明確にする事です。

 

 

嫌いな人のパターンを書き出し、

その真逆になる方々が
あなたが望むペルソナとなります。

 

 

あくまで例えばですが、

・美にこだわりがない人
・文句ばかり言う人
・言う事を全く聞かない人
・だらしない人

などなど、です。

 

 

そしてその逆を書き出すと、

あなたが望むペルソナが
明確になってきます。

 

 

ペルソナを明確にしなければ、
お店の理念がブレてしまいます。

 

となると、

「出来るだけ多くの人に…」

という、抽象的なメッセージを
ネット広告やチラシなどに

書いてしまいがちです。

 

 

ペルソナを明確にしていると、
失客への恐れも減ります。

 

自分が望むお客さんに注力し、
そのお客さんに対し、

髪のケアなどを教育していき、
継続顧客にするという事です。

 

 

もし、
広告等のメッセージが
「ちょっとでも広く」と
欲張りなメッセージになりがちなら、

今一度、ペルソナを見直しても
良いのではと思います。

 

 

そしてペルソナは
変化していきます。

 

あなたが成長していくので、
望む顧客像が変化していくのは当然。

 

 

すでにペルソナ設定をしていても、

再度望む顧客像を書き出してみて、
望むお客さん像を可能な限り
クリアにしていくというステップを

一度やってみてはいかがでしょうか。

 

 

頭の中で考えているだけの事を
紙に書き、目で見る事をするだけでも

頭が整理されます。

 

 

僕も色々と考える時は

必ずホワイトボード1面を使い、
頭を整理します。

 

 

書く習慣をつけるのにも
まずは第一歩ですね。

 

 

という事で、
今日も良い1日にして下さいね!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【美容室経営者さん限定】
7回の無料動画セミナーで
集客法、収益アップ法をまだ学んでない方は
コチラ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

関連記事
カテゴリー