【美容室】数字分析が苦手・・・ | 美容室高収益仕組み化研究会
2016-12-23

【美容室】数字分析が苦手・・・

 

 

成果報告を頂きました。

 

今お付き合いをさせてもらっている、
経営者さんとのお話。

美容室ではありませんが。

 

 

2カ月で1000万強の売上が
上積み出来たとの事で、
改めて過去のデータと見比べて
何が違いを生んだのかを話していました。

 

値下げも一切していないので、
利益率は変わらず。

顧客数も変わらず。

 

変わったのは、
・客数
・客単価
・利用頻度

の、利用頻度のみ。

 

 

 

実施した事と言うのは、
全く新しさはありません。

 

 

全ては原理・原則。

 

今までやっていた事を見直し、
新しい技術や新しいツールなんかは
一切使っていません。

 

 

 

経営者というモノは、
自分の仕事を近視眼で見てしまい、

客観視するのは難しいモノ。

 

 

でもその、日常当たり前に
行っていた事を少し変化させ、

それだけで1000万強のプラス。

 

 

お金を掛けなくても
この売上が上がったのですが、

小手先取り組みは一時的成果、
根本の見直しは長期的成果。

この違いを改めて感じました。

 

 

 

武器の使い方を表面的に
活用しているのと、

武器の強みを最大限に
活用する事の違いが

収益の差を生むものですね。

 

 

同時に、
分かっていてもやってない事、

これを「やる」という行動に移すだけで
収益も改善するんだな、と。

 

 

来年が楽しみだなぁ~と
2人で盛り上がってました。

 

 

—————————————————————–

 

 

僕の動画でも話しましたが、
収益を上げる基本原則として

「弱みに対する取組み」

を先に手掛ける事。

 

 

弱みを強化せずに
次々と新しい取組みをしても、

弱みの部分から水が漏れていき、

せっかくの新しい取組みさえも
効果を薄くしてしまいます。

 

 

でも、経営者と言うのは
やはり新しい事ばかりに
目を向けがち。

 

 

新商品で売上を
作ろうとしても、

新商品の売上が今までの売上に
プラスオンで乗っかるなら
それでもいいかもしれません。

 

 

でも大抵の場合、

新しく導入したものによる売上は、

既存の売上鈍化から少し相殺する
という事が起こりがち。

 

 

これが水漏れです。

 

 

お風呂の栓が壊れてるのに
水は溜まりません。

 

 

そしてその水漏れを解決すると、
根本解決が出来るので、

逆に何をやったとしても
ドンドン水が溜まる様になります。

 

 

ホットペッパーの掲載方法、
ホームページ内のメッセージ、
DMの出し方、チラシの出し方、
接客の仕方。

 

 

色々とありますが、
今年1年を振り返って、

どんな所で水漏れ発生していたか
考えてみる時間にするのが
この年末年始のお休みかもしれません。

 

 

動き回っている時が
最もラクチン。

 

何かに取り組んでいるからです。

 

 

立ち止まって売上分析したり、

取組みの見直しを考えたり、
お店の弱み、強みの推移を
再度データ化したり。

 

 

冒頭に書いた、利用頻度。

来店頻度とも言いますが。

 

 

ココについては、
データ化していないケースが
多々あります。

 

 

もし、ですが、
1人のお客さんあたりの
1年間の来店頻度平均が
3回だとします。

 

客単価が6000円だとします。

年間来店客数が1000人とします。

 

売上は、1年間で
6000円×3回×1000人
=年間1800万の売上。

 

もしこの数字のウチの
来店頻度が3回から2.9回に
なったとすると、、、

6000円×2.9回×1000人
=年間1740万の売上。

 

1800万に対し、1740万、
昨対96.6%の売上減となります。

 

 

これが気付かない売上減とも
言えます。

 

逆に年間の平均来店数が3回から
3.1回になると、、、

6000円×3.1回×1000人
=年間1860万の売上。

1740万と比べると、
6.8%の売上プラス。

 

大きいですよね。

 

 

売上の三大要素って、
大抵の人が理解してますが、

この要素の言葉だけでなく
意味合いを理解していると、

その部分に対しての取組みを
具体的に考えられます。

 

 

5%程度の売上前後は
こんな風に気付かないモノ。

 

 

色々と見てみる時間、
見たくはないけれど
見なくてはないデータ、

ゆっくりと見てみるのも
根本要因を明確に出来る
大きなチャンスかもしれません。

 

 

弱みへの取組み、

これを怠ってはいけないし、

弱みへの取組みを強化すると、
大きく跳ね上がるかも
しれませんね。

 

 

どこかでじっくりと
数字の分析もして下さいね。

 

 

それでは今日も良い1日を
お過ごし下さいね。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【美容室経営者さん限定】
7回の無料動画セミナーで
集客法、収益アップ法をまだ学んでない方は
コチラ
(動画終了後はメルマガが届きます)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連記事
カテゴリー