【美】ノウハウ<考え方 | 美容室高収益仕組み化研究会
2017-02-13

【美】ノウハウ<考え方

 

金曜日の夜から
お休みを頂き、

1カ月前から予約していた
カニ食べ放題の弾丸ツアーに

車で行ってきたのですが、

ちょうど大雪に。。。

 

(お仕事で雪の被害に
 遭った方、こんな話ですみません)

 

普段はさほど雪が無い所なのに、
帰路でとんでもない雪に遭遇し

車がスタック。

 

3時間程、全く動けない状態で
山道で車が完全に横向きになり
道を塞いじゃいました。。。

 

JAFに連絡をしても
「何時に行けるか分かりません」

地元の車の整備工場に電話しても
「あと7台待ちなんです」

と言う状態w

 

オマケに、僕が走っていた
山道には、

車1台も通りません。

とんでもない雪でしたからね。

 

3時間程経過してから
ようやく1台の車が後ろから
やって来て、

車を動かすのを助けてくれました。

 

凍え死ぬんちゃうか、並みの中で
雪かきを一緒にして頂き、
ようやく脱出できました。

 

助けてもらえて
本当に嬉しかったです。

一日中、車の中だな、と
覚悟しかけてましたので。。。

 

 

人の助けは何においても
本当に大切だなあと
感じさせてもらえる、
良い1日でした。

 

 

 

それにしても、
とんでも無い雪でしたねぇ、
この週末は。。。

 

 

 


 

 

(今日は面白い話では無いですが、
 店舗経営の考え方については
 何かヒントにしてもらえると思います)

 

 

昨日の朝、
ネットニュースを少し見ていると、

塚田農場の不振についての
記事が出ていました。

 

 

ほとんどの方は知ってると
思いますが、

塚田農場は、居酒屋チェーン。

 

来店回数に応じ、

・主任
・課長
・部長

と昇格していき、

各々の役職の名刺を
もらう事が出来ます。

 

 

その塚田農場でスゴイのが
人材育成。

 

塚田農場自体に
就職をあっせんするシステムが
あって、

外部の会社も塚田農場の
教育システムに魅力を感じてて、

色んな企業の採用担当者が
塚田農場のバイトの子を
欲しがっているという現状。

 

それだけ人材教育が
素晴らしい会社です。

 

 

 

そんな順風満帆の塚田農場、

既存店の売上が33カ月連続で
売上減との事。

 

大きな理由として、
昨年度一気に店舗を増やした為、

人材教育と人材を集める事が
十分に出来なかったという事。

 

そして、次に、
飲食大手の会社が
塚田農場の競合チェーンを
どんどん出店していった事。

 

 

そして大切なモノがもう1つ。

 

塚田農場が【新事業】を開始した事。

 

弁当事業と、
海外向けの事業を開始し、

そのコストが大幅に掛かり、
その元がまだ十分に
取れていない事だそうです。

 

 

あくまでネット記事に
書いている事のみの判断ですが、

この塚田農場の社長いわく、

調子のよい時のコスト体制を
 続けていた事が悪かった

と書かれています。

 

このコスト体制のもとで
店舗展開を増やしたという事でしょう。

 

 

 

この様な記事、
店舗ビジネスをやっている
経営者さんは、

コレを読むだけで終わっては
もったいないお話です。

 

 

実際、経営者と言うのは
自分の足元が見えなくなる事は
多々あります。

 

僕はココの社長の事は
分からないですが、

【売上が良い状態の時に
 収支のバランスを見直す事】

が、欠陥していた様にも
思えます。

 

 

 

新しい事業展開を考える事は
何も悪い事ではありません。

 

ただ、新しい事業を考える際に

【既存の取組み】を無視して
やってはいけないという事だと
思います。

 

 

・現時点での取り組みにおいて
 改善箇所はどこなのか?

・新しい取組みの前に、
 いわゆる収益の穴、
 バケツの穴はどこにあるのか?

・収益が溜まる経営状態を作り、
 それを拡散していく事

 

この様な事を考える必要があります。

 

 

何と言っても、大切なのは
今までの取組みの状況。

 

 

今までの取組みが良くないから、
と言って、

新しいモノで補おうという
事を考えてしまうと、

今までの取組みの改善箇所を
見直す事を放棄してしまいます。

 

 

 

僕がお付合いをさせてもらってる
他業種の経営者さんで、

この様な事をとても理解されている
方がおられます。

 

 

大抵の経営者さんは、
新規顧客獲得に奔走するモノですが、

この経営者さん、

既存顧客との取組みを大きく図り、

年間売上が数億あるにも関わらず、
この数か月間は新規顧客の取組みに
特に注力することなく、

既存顧客だけで昨対130%強の
売上を上げています。

 

 

こうなっていくと、
今度導入していく商品や、
今後増えていく新規顧客の価値が

今までよりも倍増していき、
長期的な収益モデルが完成します。

 

 

人口は減っています。

店舗は増えています。

小手先の取組みは
すぐ競合にマネされます。

 

 

ド派手経営もいいでしょうけど、

これからの費用対効果を改善し、
売上基盤、長期的収益モデルを
作っていくには、

まずは足元の見直しに
取り掛かる事が大切。

 

 

と言う僕も、今、
足元の見直しに着手しています。

 

 

他業種の話であっても、

ノウハウではなく、
「考え方」と言う機軸で見ると、

色々と考えさせられる事は
ありますね。

 

 

と言う事で、
基盤の見直しを図りたい方、

引き続き東京のセミナーでの
お申込みを受け付けてますので、

是非来てください。

 

必ず、

「あ~、本当だ!」と、

今までの取組みの「当たり前」を
見直す機会になりますよ。

 

 

それでは今日も良い1日を
お過ごし下さいね。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

「長期的収益を上げる仕組み作り」

【コンサルティング体験セミナー】
詳細はコチラ

既存取組みの見直しで売上を大きく改善!
売上が上がらない理由を一緒にクリアにしましょう。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

関連記事
カテゴリー