【美】アドバイスはダメ!! | 美容室高収益仕組み化研究会
2017-04-27

【美】アドバイスはダメ!!

 

林田です。

 

 

働けど、働けど、
働く!

そして遊びも忘れず!
の1カ月を
続けている今日この頃です。

 

遊びはGWまでガマンします。

 

 

ただちょっと最近は
睡眠不足気味なので、

今日こそ早く寝ようと
心に決めています。

 

 

やる事をちゃちゃっとやり、
明日も良い仕事が出来る様に
調整しようと思います。

 

 


 

 

【お客さんにアドバイスしない】

 

今日は、

僕も未だにやってしまう
大きな間違いです。

 

 

しない様には心掛けては
いるのですが、

サービスを提供する側なら
よくやってしまう事です。

 

 

 

アドバイスって、
したくなりますよね。

 

僕もこの点は未だに
たくさんしてしまいます。

 

先日も反省すべき事が
ありました。

 

 

 

その道のプロであれば、

お客さんがやっている事、
考えている事に対し、

「もっとこうした方が…」

と思ってしまいますよね。

 

 

 

これは僕が先日、

「アドバイスされた側」として

感じた事です。

 

 

 

お付き合いのある方なのですが、

フェイスブックからの
メッセンジャーで、

「~はしない方がいいですよ」
「もっとこうした方がいいですよ」

とアドバイスを頂いたんです。

 

 

もちろんこの方は、

僕に対して善意の気持ちで
アドバイスしてくれたんだと
思います。

 

 

僕自身は、
色んな周りの方から

「アドバイスは善意の気持ちで
 受け取りましょう」

と教えて頂いています。

 

確かに、アドバイスによって
自分が気付かない事も
気付けます。

 

 

ただ僕も大人には
なり切れていない所も多々
ありますので、

常時そういう風に考える事は
なかなか出来ません。

 

 

 

このアドバイスを受けた時に
率直にどう思ったか。

 

「確かにアドバイスをくれて嬉しい」

「けど、今はそれを求めて無いし
 それに関して悩んでいないし」

「今はそれを直さないと、
 とは思ってないし、
 それよりも重要な事があるんだよ」

「分かってるって、自分でも」

「今は言わないで欲しい」

と、

逆にそのアドバイスを頂いた方に
自分なりの色メガネを
掛けてしまったのです。

 

 

 

この様に、

相手(お客さん)が求めてもいないのに
アドバイスをしてしまうと、

お客さんは逆に心を
閉ざしてしまいます。

 

 

せっかくアドバイスをもらっても、
今はその事に関して直面してないし、

今は言わないでー、と
捉えてしまったのです。

 

 

 

誰でもそうですよね。

自分では「直さないといけない」と
既に分かっているのに直していない事。

 

コレを突っつかれると
良い気分とは少し違います。

 

 

お客さんから、

「どうしたらいいのかなあ」と

言われた時、

この時はアドバイスをお客さん側から
求められているので、

アドバイスのタイミングかと
思います。

 

 

 

サービス提供側は、
常におせっかいになりがち。

 

僕がおせっかいの気分で
クライアントさんに求めていない
アドバイスを先日してしまい、

もう反省しています。

 

 

もしあなたもこの様な
心当たりがあるなら、

今一度お客さん側の気持ちになり、

考えても良いかもしれませんね。

 

 

 

と言う事で、

今日もチャレンジングな1日を
お過ごし下さいね!

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

●お知らせ●

「高額商品を売る方法」のDVD、
集計出来ていませんが、
初日で100名以上の方に
ご購入頂いております。
(4月30日まで限定、無くなり次第終了)

・高額商品を作りたい方
・高単価商品を販売したい方
・お店の利益を上げたい方
・時間単価を上げたい方
・メルマガで顧客獲得したい方

は絶対おススメです!!

詳細はコチラから

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

美容室さんの
マーケティングコンサルタント
林田康裕

関連記事
カテゴリー