お店の強みをひと言で言うと? | 美容室高収益仕組み化研究会
2021-09-29

お店の強みをひと言で言うと?

美容室高収益仕組み化研究会の林田です。

 

 

来月からとある業者さんとの取引が
始まるのですが(僕が払う方)、

「林田さんのサービスの特徴や強みなど、
こちらのファイルに書き込んでください」

という依頼がありました。

 

 

フツーに仕事をしていると、
自社/自店の強みや特徴を言葉に書き出す機会って
なかなかないですよね。

良い機会だなと思い、
整理をしながら書きました。

 

 

 

 

ひな形(文字数制限など)に沿って
書かなくちゃいけなかったのですが、

最後の最後の質問に、

「端的に御社と取引するとどんな事が
得られるか?を教えてください」

というのがありました。

 

 

 

文字制限は70字。

 

言いたい事はたくさんあるし、
強みを1つで表現してしまうと
他の強みは伝えられない事になる。。。

 

となると、

「自分の強みをひと言で言うなら?」

という事になります。

 

 

 

 

最終的には、

「(ウチを利用したら)●●になれる」

チックな表現になりました。

 

 

 

 

この時に、
「他店とはちがい・・・」とか、
「他にはない・・・」という表現をしても
伝えるべき事が伝えられません。

 

というのも、
競合と比較しているのはプロである自分であり、
お客さんはその違いをわざわざ考えません。

 

 

なので、

【プロ程の知識を持ち合わせていないお客さんが
あなたのお店をひと言で理解できる表現】

が必要になってきます。

 

 

 

 

 

あなたのお店の強み。

あなたのお店では何が得られるのか?

それをひと言で表現をするなら、
どういった言葉になるでしょうか?

 

 

その表現の一番最初に出てくる言葉が

【〇〇駅から徒歩〇分】

という交通事情の表現をしていると、

交通事情でお店を決める事を優先的に
考えているお客さんが反応します。

 

交通事情でお店を選ぶお客さんは、
交通事情が同等もしくはそれ以上のお店を
見つければ、そちらにカンタンに行っちゃいます。

 

 

他にも、期待値を過剰に上げ過ぎた表現や
ありふれた表現。

コレも選べれる理由とは言い難いところです。

 

 

 

 

昨日、
とある地域のホットペッパービューティの
広告文言をいろいろと見ていました。

 

ひと言目に、
「コロナ対策万全」と書いているところも
ありました。

 

超都心部のお店。
しかも、今となってはコロナ対策を
やっていない方がおかしい位ですよね。

わざわざお店のキャッチの部分に書かなくても
よい事を書いているって事になります。

 

 

 

他にも「〇〇(ある商材)取り扱い店」とか。

その〇〇がビックリするくらい有名で、
かつ、プレミア的な希少価値があり、
多くの方がそれを望んでいるものであれば
お客さんは興味をそそられるでしょう。

でも、、、そんな商材ってなかなかありません。

 

 

 

 

 

集客用の広告でも、
求人用の広告でも。

ひと言であなたの価値やちがいを
伝えなければなりません。

 

 

 

「ひと言で自分のお店の価値を表現するなら?」

この質問は、
僕は永遠に自己質問する価値があるものだと
思っています。

 

 

 

100点満点はないです。

言い方を変えると、お客さんの心情や状況次第で
求めるものも変わりますので、永遠はありません。

 

 

来店してくれたお客さんがその答えを
持っています。

というのも、
あなたの広告を見て何かしらの興味を持ち、
反応しれくれたからです。

 

 

 

 

ひと言で言うなら?

を、自分で一生懸命考える事も大切だし、
同時にお客さんに聞く事も大切です。

 

 

 

いまが70点で表現できていても、
75点になるとさらに効果が上がります。

 

100点はないからこそ、
永遠の課題にしていきたいですね。

 

 

というのを、
ある業者さんからの宿題で改めて思った、
というお話でした。

 

 

関連記事
カテゴリー