できる人間のやり方をコピーする方法 | 美容室高収益仕組み化研究会
2021-12-06

できる人間のやり方をコピーする方法

林田です。

 

スタッフを何人か雇っている方であれば、
全員ができるスタッフであって欲しいし、

1人、2人しか雇っていないなら、
自分と同じ様に接客できる様になって欲しいと
望むでしょう。

とは言っても、それが本当に難しい所ですよね。

 

 

僕は最近、
できる人間の行動を他の人も同じように
できる様になるマニュアルを作る依頼を
いただく事が増えています。

 

要は、
できるスタッフが無意識にしている事を
明確に言葉にし、それを誰もがマネできる様に
マニュアルを作る、っていう感じです。

 

 

 

できるスタッフ、および経営者は、
「感覚」で仕事をしています。

その感覚とは、経験からできたもの。

 

 

もともとは「いちいち意識して」
やっていたのに、経験が増える事によって
それらを無意識でやっている状態です。

 

なので、できる人間に
「どんな事考えてやってるの?」
「どんな風にすればそんなに売れるの?」
と聞いても、的を得た答えが出てきません。

なんなら、
「いや、普通にやってるだけですよ」
と答えるだけでしょう。

 

 

 

 

僕はこの仕事をしていて、
【聴き方の大切さ/奥深さ】を
とても強く感じます。

 

聴き方ひとつ変えるだけで、
相手から良い答えを引き出せます。

 

 

仕事ができる人に聞くべき質問として
最も「良くない聴き方」が、

【どうやってやるんですか?】

というもの。

これを聞いても、表面的な答えしか
出てきません。

 

 

 

結果を出す人、出さない人の決定的違いは、
考え方に尽きます。

考え方がちがうから、
普通の人よりも高い値段でも売れるし、
普通の人よりも強く勧められるし、
普通の人よりもリスクを恐れず攻めています。

 

 

 

仕事ができる人への聞き方にしろ、
お客さんへの質問にしろ。

良い答え、シックリ感のある答えを
得る事ができていないなら、
それは「質問の質」に問題があるのかも
しれません。

 

 

例えばですが、
売上がしんどかった時を乗り越えて
大成功している方に、

「どうやって乗り越えたんですか?」

と聞くよりも、

「なぜ、その売上が苦しい時にも耐えて
ココまでやって来れたんですか?」

と聞く方が、
より自分に活かせる様な回答をくれるでしょう。

 

 

 

できる人間を真似る、
もしくはその人間の行動をマニュアルにするには、
質問の質を見直す事が最初にすべき事かも
しれません。

 

 

ココは僕の専門分野ですが、
相手を知るには相応の勉強をしなければ
なりません。

今は本なんかも沢山出てますし。

 

 

 

 

「質問力」を上げる。

これができる様になれば、
あらゆる事がさらに加速していきます。

 

ぜひこの様な学びの機会も集中して
取り組んでみてくださいね。

やった人だけが得られる体験になるはずです。

 

 

関連記事
カテゴリー