自分は何を目指してるんだろうか? | 美容室高収益仕組み化研究会
2021-12-21

自分は何を目指してるんだろうか?

 

林田です。

 

商売をしていると、
「なんか違う気がする・・・」
と思う事って日々あると思います。

とても小さな事も含め、です。

 

 

たとえば、
「この人、よく直前にキャンセルする」
「過度にお金の事を言ってくる人だ」
「なんかうまくかみ合わない人だ」
みたいな感じで、
お客さんのやり取りのなかで色々と
思う事があるはずです。

 

また、人によっては、
スタッフとのやり取りでもその様な事を
思う事があるかもしれません。

 

 

 

 

日々の小さな「モヤッ」とする気持ち。

あっという間に忘れる方が多いと思います。

 

でも、これをあえてメモにして置いておく。

これを積み重ねていく事によって
自分にとって理想の商売像が完成します。

 

 

 

 

僕が色んな経営者さんとお付き合いさせて
もらっている中で感じるのが、

「幸せそうな経営者さんは、
自分と徹底的に向き合っている」

という事です。

 

 

外側(ノウハウや方法)に目を向けてる人は
あまり幸せそうにしていません。

自分の中で「これは違うのでは?」という
小さな違和感を1つ1つ解決している人こそ
とても幸せそうにしています。

 

 

 

 

周りを見て自分と比較をしても
意味がありません。

自分は自分だし、
まわりの人が求めている事と自分が求めている事は
ぜったい違いますので。

 

 

 

 

ある程度商売がうまく行ってる状態だと、

「この先自分はどうしたいのだろうか?」

と思う事は絶対にあります。

 

 

年末で忙しいかもしれませんが、
日々少しでも思った何かしらの違和感。

メモとして貯めていくのも自分の理想像を
明確にする貴重なノートになっていきます。

 

 

 

スマホのメモ機能でも良いでしょうし、
とにかく言葉にする習慣をぜひ実践してみてください。

何か新しいものが見えてくるはずです。

 

 

関連記事
カテゴリー