「趣味」と「仕事」のちがいは? | 美容室高収益仕組み化研究会
2022-01-11

「趣味」と「仕事」のちがいは?

林田です。

 

1月からかなり忙しく活動してます。

とは言っても、すぐに結果につながる事は
ないんですけどね汗

 

 

 

いきなりですが、釣りは好きですか?

僕はブラックバス釣りが好きで、
年に数回は川や池に行ってます。

 

 

「釣り」ひとつをとっても、
趣味の釣りと、仕事の釣りがあります。

 

「趣味の釣り」なら、
釣果は気にする必要は特にありません。
そりゃ釣れる方が楽しいでしょうけど。

「仕事の釣り」なら、
意地でも釣って帰らなければなりません。

 

少し言い換えますと、

「趣味の仕事」なら、
自分が楽しんでいる事が前提で、
相手も楽しんでくれたら最高です。

「仕事の仕事」なら、
とにかく売上、利益を確保する事だけを
考えて取り組みます。
結果、相手の事を重んじなくなる事も
起こり得ます。

 

これが趣味と仕事の違いだと思います。

そして、この考えのちがいがお客さんへの
対応を分けてしまいます。

 

 

 

 

まず大切なのは、
「自分が楽しめているかどうか」です。

これは何の商売においても絶対に
必要な要素です。

 

自分が楽しむという要素を無視すると、
自分を大切にしなくなり、
良い仕事ができなくなります。

 

 

 

お客さんへのサービス向上は大切ですが、
そこに自分の楽しみや喜びをセットで
考えているでしょうか。

 

義務的にやる事ほど、面白くありませんし
続きません。

 

大切なのは、
自分ありきである事。

商売は自分の為にしているのがベースです。

ボランティアじゃありません。

 

 

 

 

趣味に近い感覚で仕事ができていれば
きっと毎日楽しいと思います。

毎日、そんなに楽しめていないなら、
何かを忘れてしまってるかもしれません。

 

 

 

ご自身に問いかけてみて、どうですかね?

自分と向き合い続けている人ほど、
自分で納得できる素晴らしい成果を出してます。

 

 

ノウハウよりも考え方は大切だと思います。

関連記事
カテゴリー