ある美容室で成功した【値下げ】 | 美容室高収益仕組み化研究会
2022-01-26

ある美容室で成功した【値下げ】

林田です。

 

(今日はあくまで1つの事例紹介です)

僕は値下げは大反対です。

 

商売をしている人には自分の時給を
上げて欲しいと思ってます。

そう言った点でも値段を下げることは
基本的に良くないですよね。

 

ですが、、、
時によっては値下げの方が効果が出る事が
あります。

 

 

 

 

もう1年くらい前の話です。

ある美容室で、
あるメニューを値下げしました。

 

 

エステ店で働いていたスタッフさんが
転職で美容室に入社してきました。

これを機に、
美意識の高いお客さんにエステメニューを
展開しようとオーナーは考えました。

 

 

入社当時は、
前のエステ店で販売していたメニューそのままに
販売していました(価格もサービス内容も)。

ところが、、、
そのメニューがほぼ売れませんでした。

 

 

 

この美容室オーナーさんと
じっくりとこの件について話をしました。

 

「前のエステ店でこの価格で展開していて
イイ感じで販売できていたと聞いてるので
このまま販売を続けたい」

とオーナーは言いました。

 

ですが、僕から違う投げかけを
させて頂きました。

「なぜ今そのメニューが売れてないのですか?」

と。

 

 

オーナーさんはこう答えました。

「本来は美容室で展開しない様なメニューなので
そのメニューが十分に認知されていない」

「エステ店と美容室では顧客層が違うので
粘り強くこのままやり続ける事が大切だ」

こんな感じです。

 

 

僕はこの話を聞き、
「何かが違う」と感じ、
オーナーにさらに質問しました。

 

「そのエステ店から来たスタッフさんは、
このメニューがなぜ売れないと考えてますか?」

と。

 

するとオーナーさんは、
「あ、それ聞いた事がないです・・・」
と答えられました。

 

 

 

その後のやり取りは割愛させて頂きますが、
最終的に行った事は

【スタッフさんが自信をもって勧められる
価格設定/提供内容に変える】

という事です。

 

 

価格は下がりました。

ですが、そのスタッフさんは意気揚々と販売し、
最終的には全顧客の3割近くの方がそのメニューを
経験してくれる様になりました。

 

そして、、、
値段を次第に上げていき、
当初の価格とは変わらない価格にまで
なってきました。

 

 

————————————————-

【問題の根源を明確にする事が一番大切】

 

オーナーさんは、
「まだ認知されていないから販売できていない」
と考えていました。

確かにその通りだと思います。

 

ですが、
それ以前に事実としてあったのが、

≪スタッフさんが自信をもって勧められていない≫
という状況です。

 

認知を得る以前に、
スタッフさんが自信なさげに勧めていても
売れませんよね。

 

 

 

 

問題を解決する手順は、
まずは【問題の根源を特定する事】です。

 

「認知を取り続けるためにこのまま勧め続ける」

というのは、あくまで小手先の対応です。

 

ケガしたから、ばんそうこう貼っておきます、
みたいなものです。

そんなのでは表面的な止血にしかなりません。

 

 

 

 

この美容室さん。
(本人に許可を得て書いてます)

今ではそのメニューがそのスタッフさんの
看板メニューになっています。
(そのスタッフさんの売上の7割強らしい)

 

 

 

問題の根源って、
自分ではなかなか見えません。

 

僕はコンサルタントですが、
僕は何かの知識やノウハウを伝える事よりも
大切な事があると思っています。

 

それは、
≪経営者としての的確なものの見方を支援する≫
という事です。

 

 

 

 

商売をしていたら、
客観的に自分を判断できなくなります。

 

自分がやっている事、考えていることが
正しいかどうか分からない。

誰もがそうなってしまいます。

 

 

 

レベルの高い経営者さんは、

「〇〇する方法を教えて欲しい」ではなく、
「一緒に考えて欲しい」と求められます。

 

 

問題の根源、特定できているかどうか。

ほとんどの経営者さんは、
これが正しく出来ていないと言われています。

 

 

 

 

今年、
自分が今思っているままに進めていけば
飛躍できそうでしょうか?

イメージが出来ていない事を実現するのは
不可能です。

 

そして強い人ほど、
他者の意見を取り入れようとします。

 

 

 

この時期は落ち着いている方が多いですし、
今年の取り組みをいま一度考えようとする方も
少なくはありません。

 

 

 

 

限定募集をさせていただきます。

2022年はさらに飛躍したいとお考えの方、
ぜひご利用ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.genkibiyoushitsu.com/tc

 

関連記事
カテゴリー