新規が1カ月90名!? | 美容室高収益仕組み化研究会
2022-03-03

新規が1カ月90名!?

林田です。

 

~~~~~~~~~~~~~~
【動画教材】
口ベタでも、
新規客10人中9人から
次回予約を取る方法
~~~~~~~~~~~~~~

は、来週月曜日あたりからご案内が
出来そうです。

 

しかも今回は、
個々の状況に応じてどう進めていけば
良いか?までレクチャーできる所まで
考えさせていただきました。

 

 

「次なる具体的な一手」が明確になれば
どんどん進められますからね。

 

もう少しお待ちくださいね!

——————————————-

【新規が1か月90名!?】

 

先日、ある美容室経営者さんと
お話をしていました。

 

最近はフェイスブックなんかでも
あらゆる広告が出てきますよね。

その広告で、
「ホームページだけで1か月に
新規客90名を獲得する方法」
ってのがあったんですよね。

 

 

一緒に話をしていた美容室経営者さん、
これを見てこう言ってました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「そもそも新規客90名も受け入れる事が
できる状況である事自体が問題だと思うし、
新規客の事を考える以前にやることが
ある様な気がしますね」

と。

 

 

新規客をそれだけ受け入れる事ができる、
という事は、色んな理由は考えられますが、
リピートに問題がある様な気もします。

 

 

 

—————————–
【焼畑農業ビジネス】
—————————–
って、聞いた事あるでしょうか。

 

簡単に説明しますと、
「新規、新規に注力をやり続けるけど、
その新規客との関係が続かないので、
結局は市場を焼き尽くし、対象者が
なくなってしまう」
というものです。

 

 

 

「新規」という言葉、
もっといえば「新」という言葉は、
常に新鮮さとモチベーションの様なものを
私たちに与えてくれます。

でも、これが大きな間違いを起こす
源になってしまいます。

 

 

 

新規客より、リピートを考える。

間口を見つめ直すよりも、
顧客との関係性を見直す。

 

長期的に売上基盤を大きくし、
確実に成長を続けていくためには、
「新」よりも「既存」にフォーカスする事です。

 

 

 

 

たまにあるのが、

「こんな新しい事をやって、
こんなに売上が上がってきた!」

という、半ば自慢げなお話を聞かされる事です。
(僕は聞いてもないのですが)

 

そう言う話をする人は、
ほぼ確実に、数年後も同じ状況を維持してません。

 

 

 

一時的な成果を生む取り組みよりも、
確実に伸ばしていく仕組み作りのほうが
圧倒的に大切だと僕は思います。

 

 

 

 

僕がコンサルティングという形で
お付き合いする美容室経営者さん。

今では新規集客のご相談はほとんど
ありません。

 

既存客だけで売上が上がって行ってますし、
新規集客に特に注力する理由がないからです。

 

 

 

 

間口を広げる事よりも、
一度来てくれた人にいかに長く続けてもらえるか。

その仕組みを考える方がお金も時間も掛かりません。

大きな収益を生み出すのはこの取り組みです。

 

 

 

 

「新」につられてしまうと、
いつまでも「新」を追いかけてしまいます。

要注意ですね。

 

 

 

関連記事
カテゴリー